PASKAL 2018年春夏コレクション 空に描く幼い頃の夢

建築を学んだ後にファッションの道へと進んだデザイナー、Julie Paskalによるブランド「PASKAL」は、レーザーカットを駆使した生地や大胆な色使い、構築的でエレガントなシルエットが特徴。2016年秋冬シーズンよりパリコレクションで発表を行っている。

「Head in the clouds」をテーマにした2018年春夏コレクションは、まるで空に描いた幼い頃の夢のような色彩が並ぶ。統制のとれたカラーパレットではなく、思い切った色使い。バランスのとれた造形ではなく、時に不安にさせるようなシルエット。大人になってから空想にふける時間はあまり無いけれど、大切なのは童心に帰ってありもしないことを思い描くこと。

PASKAL 2018 SS LOOK






















































PASKAL

HPFacebook / Instagram



RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • 131 LOOK 2018.05.15

    CINOH 2018 Pre Fall コレクション シックなレディは着崩しがお上手

  • Rawtus91 LOOK 2018.05.13

    Rawtus 2018年秋冬コレクション 滑らかに纏う光沢

  • 19a LOOK 2018.05.12

    LOKITHO 2018年秋冬コレクション old fashioned future

  • 114 LOOK 2018.04.17

    DECOdepuis1985 2018年秋冬コレクション 白タイツの婦人の魔法

  • 71 LOOK 2018.04.16

    ЯPKO 2018年秋冬コレクション おばあちゃんのクローゼットは宝物

  • 18aw31 LOOK 2018.04.06

    EBONY 2018年秋冬コレクション 小さな記憶のカケラは原石

記事ランキング

STYLER iOS

ショップスタッフがあなたにおすすめを教えてくれるアプリ

STYLER iOS