【#AmazonFWT 】東コレ2018年春夏で注目のトレンド&ディテールはコレだ!


ファッションの熱狂を作り出すのはパリだけ?いやいや、東京だって世界に負けてはいられません!日本のファッションウィークであるAmazon Fashion Week TOKYO 2018SS  通称東コレが、2017年10月16日(月)から10月21日(土)まで渋谷ヒカリエをメイン会場に開催されました。世界各都市でのファッションウィークに続き、2018年春夏コレクションを個性豊かなブランド達がランウェイやインスタレーション形式で発表。秋とは思えない冷たい雨がやまない中、未来のワクワクを切り取るため駆け抜けた怒涛の6日間。今シーズンもROBE編集部が気になったブランド&ディテールをピックアップして、イラストでレポートします!

5-knotのレディ・ボーイ


2017年は様々な分野で女性の活躍が叫ばれた年でした。ファッションでもフェミニズムという言葉が多く見られ「立ち上がれレディたち、勇ましく麗しく華麗に戦うのだ!」という声を感じるように、秋冬シーズンはセットアップやジャケットとのコーディネートなど、自立した強い女性像が表現されていました。2018年春夏はもう少しだけ肩の力を抜いて、レディだけども活発に、好奇心旺盛にまっすぐ突き進む少年のようなピュアさが気分になりそう。まさにレディ・ボーイ



東コレ参加2シーズン目の5-knotはポルトガルの都市ナザレへの旅で見た街の景色を表現。青空に映えるカラフルな洗濯物をイメージソースに、色とりどりのアイテムと巧みなレイヤードで朝一のショーを盛り上げた。膝小僧まで見えるハーフパンツのセットアップが、長らく続いていたロング丈ボトムスに代わって新鮮に映る。太陽の香りがする洗い立てのシャツをなびかせながら、レディたちよ、次の冒険へと出かけるのだ!




ROBEさん(@robetokyo)がシェアした投稿 -







G.V.G.V.のベルトバッグ


ファッションのトレンドは半年ごとにきっかり一新されるもの、ではありません。時代の空気を敏感に読み取ったデザイナーたちが、「未来の女性像」を彼女たちが纏う服を通して発表しています。トレンドとして私たちに認知されるのは実はちょっぴり先のお話。ということで、数シーズン前からチラホラと見かけていたベルトバッグがとうとう本腰をいれてトレンドにランクインしてきそうです。



かつてはおじさんのitバッグとして愛されたウエストポーチも名前を変えて復刻します。G.V.G.V.のモデルが腰にちょこんと携えたベルトバッグはスポーティーでありながらもエレガント。小さいバッグからそっとリップを出してお直しする...なんて想像しただけでかっこいい。四次元ポケットのような形じゃなくて、思い思いのデザインでダサアイテムから脱却!





ROBEさん(@robetokyo)がシェアした投稿 -







MEMUSEのカーキ×ピンク


禁欲的なスタイルは「見たい」という欲求を刺激してくる。ウェディングベールのようなヘッドドレスをかぶり、大女優を思わせるエレガントなシルエットのトレンチコートを纏う女性。カーキで落ち着いた雰囲気を装いながら、ピンクのレースでグロテスクなまでに心情を曝け出す。



でんぱ組.incメンバー、相沢梨紗によるブランドMEMUSEが東コレにてデビュー。「メインキャラクターズ」をテーマに、女の子は誰でも主人公になれるという応援歌のようなコレクションを発表した。カーキと薄いピンクの組み合わせは辛すぎず甘すぎず、少しだけ勇気を出せる春こそチャレンジしたいカラーパレット。





ROBEさん(@robetokyo)がシェアした投稿 -







YOHEI OHNOのワンショルダー


肩のデザインは服の印象を左右する。春夏のトレンドとしてしばらく君臨していたオフショルダーは、ちょっぴりエッジィにそして挑戦的に進化した。片方の肩だけをみせる「ワンショルダー」は上級者向けのディテールだけど、コレならどうだろう?



東京の若手ブランドの勢いを牽引するYOHEI OHNOが見せたワンショルダーは、心くすぐるチラ見せ仕様。ノースリーブのワンショルダーだと女戦士!?と言われちゃうけど、はだけたように見せる肩にきゅん、きゅん、ドキ。いやらしすぎないスポーティーな見せ加減を叶えるならワンショルダーに挑戦すべし。





ROBEさん(@robetokyo)がシェアした投稿 -







MURRALのプラス・スリーブ


便利な上に、おしゃれを叶える最新アイテムがとにかく気になります。ちょっと寒い時に袖をキュッと伸ばしたり、可愛い女の子を演じるために少し長めの袖で手元をくしゅっとさせたり。袖っていろいろ使えるんです。春先のまだ少し寒い時に、お気に入りの半袖やノースリーブに付けるだけで可愛く袖コーディネートを楽しむことができるのが、アームカバー。いつもの服にプラス・スリーブで人に差を付けるスタイルに昇格!


今シーズンは一皮むけて、ポエティックな世界観の表現を広げたMURRALで見つけたのは、シャーリングがきいたサテンのアームカバー。ルックではノースリーブのレースドレスに合わせてよりドレッシーに仕上げていました。シンプルなカットソーの上に重ねたり、ニットの袖からちょこっとだけ出してみたり、コーディネートのスパイスになってくれること間違いなし。かなり上級者向けですが、隠れ便利アイテムとして激推しいたします。




ROBEさん(@robetokyo)がシェアした投稿 -







東コレ記事はこちら:
【#AmazonFWT 】東コレ2017年秋冬で注目のトレンド&ディテールはコレだ!
【#AmazonFWT 】ランウェイの服は日常でどう着る?東コレ2017年秋冬を妄想イラストコーデにしました。
【#AmazonFWT 】東コレ2017年春夏に注目したブランド&ディテールはコレ!
【#MBFWT 】イラストで見る東京コレクション2016秋冬トレンド
【#AmazonFWT 】これを着るならこんな場面で!妄想イラストコーデで東コレ2017年春夏を振り返る
【#MBFWT 】イラスト妄想シチュエーション!東京コレクション2016秋冬ベストルック

illustration. Hitomi Ito
Text. Azu Satoh



RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • 180518 facyblamco10617 FEATURE 2018.06.04

    「オシャレ好き」なら1つは欲しい!「blancotokyo」の新作アクセサリーが可愛いんです

  • Bg2 FASHION 2018.05.31

    ショップスタッフのこの夏の特別な一品

  • 180518 facyblamco10578 FASHION 2018.05.30

    コーデの品格を手軽にアップ!「blancotokyo」と有名モデルのコラボアクセサリーが優秀です

  • 1 FASHION 2018.05.30

    唯一の「おもてなしスタッフ」に会える店。一度は訪れたい「ROSE BUD渋谷店」の魅力

  • 33 FASHION 2018.05.22

    私だけのシャンプーを楽しくカスタム!日本初パーソナライズヘアケア製品「MEDULLA」がデビュー

  • P6a9378 FASHION 2018.05.15

    蔵前を洋服屋が集う街に。「木宮商店」が挑む〈ファッションと教育〉の改革

記事ランキング

ショップスタッフがあなたに
おすすめを教えてくれるアプリ

ショップスタッフがあなたに おすすめを教えてくれるアプリ

アプリを無料でインストール