DEPTオーナーeriがデニムを主軸とした新ブランド「BRANDNEWOLD」をスタート

デニムを主軸としたウィメンズブランド「BRANDNEWOLD(ブランニューオールド)」が2018年春夏シーズンより本格スタート。DEPTオーナー、mother・VTOPIA・TOWA CERAMICSのデザイナーなど、多彩な顔をもち幅広く活躍しているeriをクリエイティブ ディレクション・デザインに迎える。

準備期間であった2017年秋冬シーズンを経て、本格デビューとなる2018年春夏シーズンからはアイテムをさらに充実。トップス、ボトムス、ワンピース、アウターなどの価格帯は¥20,000~¥50,000(税抜)。2018年4月以降、TOMORROWLAND、CITYSHOPなどで取り扱い開始予定。



長年古着と共に生きてきたeriだからこそ表現できる、“BRANDNEW/まったく新しい” “OLD/古きもの”の二つの単語を組み合わせたブランドネームを体現する『古きもの』からインスパイアされた『現代の服』を提案していく。

 
From eri

古着を年に何万もの数を見ていると、
作り手の顔が見えるものとそうでないものがあります。
量産のありふれた素材やデザインの中に異様な存在感を放つ一着が、
まるでそこにスポットライトが当たっているかのように輝いてみえる瞬間。
例えそれがすごく野暮ったくても、悪趣味でも、作り手の意思や心意気を感じられ
る服がある。
私はそういう子に出逢うと手を止めざるを得ない。
そしてやあ、やあ、と、親しみを込めて挨拶をしたくなるのはやはり古着屋でありな
がら自分が服の作り手であり、その"意思のある服"をつくることの裏にあるタフネス
を知り他人のそれをリスペクトしているからであろうと思います。
だからこのBRANDNEWOLDでは未来の世界で私のような古着の買い手が、お、と
手を止めてしまうような服をつくっていきたいなと思いました。
デニムという超普遍的で世界中で最も市民権を得ているマテリアルを扱うにあたり、
BRANDNEW(まったく新しい)OLD(古きもの)という言葉を掛け合わせたブランド名
の通り、着る人に寄り添いながら新しい景色をみれるようなお洋服を目指していま
す。
この記念すべきファーストシーズンはシンプルに、あ、目にしたことないかも、おもし
ろいかも、を素直に表現したコレクションとなりました。ちょっとした遊びからデニム
のプロたちを困らせた技巧まで、この子達をここにご紹介できることをとても嬉しく
思います。
これからもどうぞよろしくお願い致します!

BRANDNEWOLD 2018 SS LOOK
































 


BRANDNEWOLD

中目黒のヴィンテージショップ「DEPT」オーナーeriが手がけるデニムを主軸としたウィメンズブランド。長年古着と共に生きてきたからこそ表現できる、“BRANDNEW/まったく新しい” “OLD/古きもの”の二つの単語を組み合わせたブランドネームを体現する『古きもの』からインスパイアされた『現代の服』を提案する。

HP / Instagram



RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Default image 20 e1539070340509 TREND 2018.10.11

    何本でも欲しい!大人女子の本命「スリムデニム」

  • My 19 l LOOK 2018.10.08

    MY 2019年春夏コレクション さあ、どこ出かけよう?

  • Look2019ss 15 LOOK 2018.10.07

    RUMBLE RED 2019年春夏コレクション コンテンポラリーな女

  • 143 LOOK 2018.10.06

    near.nippon 2019年春夏コレクション 砂漠で見せるアーバンスタイル

  • Look26 LOOK 2018.10.05

    KENJI HIKINO 2019年春夏コレクション 柔らかさは細部に込めて

  • 17 LOOK 2018.10.04

    EBONY 2019年春夏コレクション いつもの場所で見つけた宝

記事ランキング