これぞ永遠の定番。使いやすさ満点な「プルオーバーパーカー」がカッコいい

インナーに着ればコーディネートの引き立て役に、一枚で着れば主役に。前開きのものよりも更にシンプルな印象のプルオーバーパーカーは、何着あっても困りません。今回は、そんなファッションの定番アイテムともいえるプルオーバーパーカーの中でも上質なものをご紹介。春コーデのメインアイテムにも最適な、ハイクオリティなものが揃いましたよ。

やはり頼れる、メイドインUSA


normal_8120d806

CAMBER - チルバスター フーデッドパーカー ¥13,500(税込)


まずは、メイドインUSAの揺るぎない品質を誇る『CAMBER』のパーカーから。7.5ozの肉厚な表地と保温性高いサーマル素材の裏地を組み合わせて、着心地は良好。フードはスウェット生地の2枚仕立てで立体感があり、ミニマルなデザインの中に上質さもしっかりと。使い勝手がいいネイビーカラー。一つは備えておきたい大定番です。




Eight Hundred Ships - S.Hiroki
スタッフページを見る



希少な「釣り編み機」を使用


normal_095bcd8f

BARNS - 吊り編み裏毛プルパーカー ¥15,984(税込)


長い歴史を持つアメカジスタイルをベースに、日本独自の技術を盛り込んだアイテムを制作する『BARNS』のプルパーカーです。メインの生地は大正時代から稼働する「吊り編み機」によってじっくりと編み上げられ、空気をたっぷりと含んだ柔らかな肌触りに。フードはボリューム感が抑えられアーム部分も細めなので、インナーとしても最適です。




HAVEA - 越山智行
スタッフページを見る



マリンテイストなボーダーが肝


normal_b14f7f1e

LOOPWHEELER - LOOPWHEELER*LOWERCASE ツリアミボーダーパーカー ¥31,320(税込)


先ほどと同じく、日本の吊り編み機で編まれたウェアを制作する『LOOPWHEELER』のパーカーです。幅広いブランドのコンサルティングを行う『LOWERCACE』とのコラボによって生まれたこちらは、ネイビーのボーダーが目を引くマリンテイストな仕上がり。手間暇かけて編み込まれたボディはしっかりと肉厚で、ふんわりとした肌触りも特徴に。質にこだわる方にはぜひお勧めしたい逸品です。




EDIFICE 天神イムズ店 - YUMA MOTOYAMA
スタッフページを見る



とことん着倒したい、大定番


normal_87c2d459

FRUIT OF THE LOOM / PINECONE - MADE IN U.S.A P/O SWEAT PARKA ¥14,040(税込)


服好きなら一度はハマるアメリカ発の老舗ブランド『FRUIT OF THE LOOM 』による、『PINECONE』別注モデルです。程よい厚みの生地と、日本人の体型にあったサイズ感、ベーシックなカラーリングの三拍子が揃って、その汎用性の高さは申し分なし。ガンガン着回して、くたっとし始めた頃には替えの効かない存在になっているはずです。




ウォルナッツ恵比寿店 - Kaz Higuchi
スタッフページを見る



無骨な刺繍がポイント


normal_c9b93fe0

ROTAR - RoTabaco FT Po PK ¥8,964(税込)


スケートやモーターサイクルに、ポップなテイストを盛り込んだスタイルを提案する『ROTAR』。胸元にあしらわれた、タバコを差し出す手のグラフィックがアクセントになっています。さらっと着やすいライトオンスながら、裏起毛なので保温性もバッチリ。しっかりとした縫製や、太めに作られた紐など、細部まで抜かりない作りながらもアンダー1万円で買えてしまう点も魅力的です。






あのスタンダードアイテムを現代的に


normal_0cf80a1b

Champion×JOURNAL STANDARD - プルオーバーパーカー Back Print/別注 ¥9,936(税込)


王道ブランド『Champion』にジャーナルスタンダードが別注をかけた、スペシャルなモデル。生地と同色でプリントされた大胆なロゴがインパクト大です。リバースウィーブ特有の野暮ったさもオリジナルパターンを採用することで克服。すっきりと改良されたシルエットにお約束の“C”ワッペンがあしらわれた、ファンも納得の一着です。




JOURNAL STANDARD 神戸店 - 西田
スタッフページを見る



さりげないインパクトが◎


normal_c678763b

NOMA t.d. - ストライプ スリーブ フーディ ¥18,360(税込)


NYの有名ブランドでテキスタイルデザインを務めたデザイナーによる気鋭ブランド『NOMA t.d.』のパーカー。クレイジーパターンライクな袖の切り替えが目を引く、一味違う佇まいです。さらに切り替え部分はつるりとしたキュプラ素材で、身頃部分との質感のコントラストも面白い。主役級な好デザインの一枚です。




LILY - kosuke kato
スタッフページを見る



トラッドなアイテムをプルオーバーパーカーで着崩すスタイルは定期的に試したくなるほど。パーカーの素材感や色合い次第でその印象はまたガラリと変わるので、色々なコーディネートを試してみてくださいね。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Default image1 TREND 2018.12.09

    今年はパーカーが豊作です。ファイナルアンサーはココにあり?

  • Parka1 TREND 2018.12.08

    地味になりがちな冬コーデの差し色に。プロ推薦の「色鮮やかなパーカー」4選

  • Original ff0ff1d9 TREND 2018.11.27

    ジップ派とか関係なく、おすすめしたい「KAPTAIN SUNSHINEのフーディー」

  • Original 803c705c1 TREND 2018.11.19

    スケーター、ラッパー、「パーカー」。旬な一着は?

  • Original e623fe82 TREND 2018.11.18

    服好きも唸るこだわりのパーカー7選

  • Original b131ab4c1 TREND 2018.11.17

    子どもっぽさはありません!大人に似合う「オーバーサイズのパーカー」って?

記事ランキング