これは欲しくなる。TIMEXの名品『Camper』から派生したニューモデル

2015年に『Original Camper(オリジナルキャンパー)』として復活を遂げた、《TIMEX(タイメックス)》の名品、『Camper(キャンパー)』。

『キャンパー』というモデルは現在まで継続して販売されていますが、そっちではなく、ベトナム戦争時にタイメックスが米軍に納品していた、樹脂製ケースの手巻き式ディスポーサブル・ウォッチ(使い捨て時計)、『MIL-W-46374B』の流れを汲む、1982年頃発売の初期モデルの方を、3Dスキャンを活用し、ドーム型のプラスチック風防、ケースのデザインをミリ単位以下まで忠実に再現。

待望の復活は、かなり話題を呼びました。

軍モノならではのシンプルさと、小ぶりなサイズ感がかなり良い、いわゆる『ベトナム・ウォッチ』。タイメックス以外にも、《MWC(ミリタリーウォッチカンパニー)》からも同様のモデルがリリースされています(完売)。

126321692_o5

126321692_o9

126321692_o2

TIMEX / SS Camper ステンレスキャンパー TW2R58300 15,984円(税込)


本来、樹脂製だったCamperを、シルバーのステンレススチール製ケースにアレンジしたニューモデルが、こちらの『SS Camper』。

ベトナムウォッチ特有の小ぶりなサイズ感と、ステンレスケースとの組み合わせが新鮮な一本。ミリタリー系デザインでありながら、ビジネスシーンにも対応してくれる汎用性を持ち合わせています。

ムーブメントは手巻きではなく、日本製のクオーツに。電池交換、修理も簡単です。

126315101_o3

126315197_o1

126315212_o9

126315101_o8

TIMEX / MK1 Aluminum - オリーブ、ブラック、ネイビー 各15,120円(税込)


近年、世界的に人気の高いミリタリーウォッチ。

タイメックスも、第一次大戦時から米軍向けに腕時計を開発・納入してきた『本家』として、ミリタリー系デザインのヘリテージコレクションを連発中(日本未発売モデルも多数あるようです)。フィールドウォッチ・コレクションのExpedition(エクスペディション)も、かなりミリタリー寄りのデザインになってきている気がします。その一連の流れの中心的存在となるモデル、『MK1 Aluminum』が入荷しました。

『オリジナルキャンパー』は日本サイドからの要望から実現した製品でしたが、その本国からの回答とでもいうべきモデルがMK1。文字盤デザインや風防の形状などはキャンパーそのままに、ケースサイズは扱いやすい40mmに拡大。ケース素材は軽量で耐久性の高いアルミニウムへ。さらに、タイメックスの代名詞ともいえる、文字盤全面発光機能「インディグロ(Indiglo)ナイトライト」も搭載し、実用性を高めています。

まさに現代版アップデート。デイト(日付)などを追加しなかったのも、潔くて良い決断です。

元記事を読む

-EHS- Eight Hundred Ships


Eight Hundred Ships & Co.メンズストア。洋服から日用雑貨、ガジェットまで面白いと思ったものは何でも扱います。


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • E8dad78cbd428bc7ca2b3c0e3e7a8544 BLOG 2018.09.08

    秋の始まりに、『TIMEX』の腕時計はいかがでしょう?

  • Default image2 TREND 2018.09.06

    手首をさりげなく彩る腕時計。今選ぶなら「シンプルだけど人とかぶらないもの」を

  • Original 329ef813 TREND 2018.08.15

    こんな腕時計どうですか?ショップ店員がセレクトした「個性を表現できる」5本

  • Beff2404fc00b154d7e8398e036afbfb BLOG 2018.07.21

    夏に欲しくなる、ミリタリーウォッチ。『BERTUCCI』の時計がオススメです。

  • Original 7ce7be83 TREND 2018.06.23

    素材感でカジュアルに。ショップスタッフが選ぶ「腕時計」はコレです

  • Original d1d772a7 TREND 2018.06.06

    この一本で男を格上げ。ファッション玄人が認める「無骨な」腕時計はこれです

記事ランキング