洗練された「素材とシルエット」。春は『AURALEE』のカバーオールで出かけよう

original_13ae7254
AURALEE - Wool Silk Herringbone Coverall ¥45,360 (税込)


東京の平均気温も気づけば、15℃近く。春分の日をフライングして、春が到来しましたね。心地よい気温に比例して増えるのが、これからやってくるイベント。新年度は何かと大変なのが春という季節。もちろん身にまとう衣服も軽装に移行していかければいけないのですが、中々そこまで手が付けられない…。

そこで今回は、シンプルなスタイリングながら洒脱な雰囲気を演出してくれる一着をご紹介。それが『AURALEE』のカバーオール。ご覧の通り、ざっくりとTシャツの上に羽織れば十分。いやはや、インナーにパープルを仕込んでも、ここまで上々なスタイリングに仕上がってしまう汎用性の高さにも感服させられますね。ではでは、このアイテムについて少々ディグっていきましょう。

original_830312be

『AURALEE』ということもあり、こだわり抜かれている生地がミソ。採用されたのは上質なウールにシルクを混紡し、極細番手の梳毛で織りあげたヘリンボーン。しかし見て取れる通り、普通のそれとは違うんですよね。それは言わずもがな、この多色に染められた薄く入ったライン。クラシックな雰囲気を纏い、なんとも奥ゆかしい雰囲気。

ワークウェア出自のカバーオールの無骨な印象は皆無に等しく、生地の特徴であるドレープ感を踏まえたシルエットもまた妙。着心地も滑らかで申し分のないこと。優秀すぎます。様々な準備で、装いまで気が回らない方にはたいそうオススメですぞ。

original_bf46de1b

original_76676e76





インターンS

先週、初めて四国4県を観光してきたのですが、私的四国ベストテンの首位を飾ったのは高知の土佐巻でした。頭の中で「男もすなる日記といふものを~」(土佐日記)が浮かぶほどの絶品。


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Default image6 TREND 2018.09.26

    これ一着あれば大助かり。プロ推薦の「オンオフ兼用のジャケット」3選

  • Minibag TREND 2018.09.26

    トレンドのサコッシュ、どこで差をつける?「周りと被らない」機能的なアイテムが勢ぞろい

  • Original edbd77b8 TREND 2018.09.26

    これ一枚で秋を乗り切れる。プロイチオシの「部屋着っぽく見えない」スウェット5選

  • Original a4b71a81 TREND 2018.09.26

    結婚式の二次会の足元、どうする?「上品だけど、かっちりしすぎない革靴」5選

  • Chino TREND 2018.09.25

    「おじさん臭い」なんて言わせない。そんなチノパン3本をどうぞ

  • Original 3de5fe4b TREND 2018.09.25

    ダサいがおしゃれに変わる?ショップ店員おすすめウエストポーチ12選。

記事ランキング