一度使うと手放せない「サコッシュ」。おすすめの6ブランドはこれだ

トレンドの枠を超えたサコッシュ

昨年に引き続き、今年も街で見かけることが多いサコッシュ。その利便性の高さはデイリーユースにふさわしく、今やトレンドの枠を超えた"手放せない"アイテムとして使っている方が多いアイテムです。

今回は、そんなサコッシュの人気の秘密を徹底的に解説。さらに、はらぺこFACYユーザーの要望に寄せられた、ショップスタッフのおすすめブランドもご紹介します!




街を席巻するサコッシュの魅力ってなに?

27355791B_b_05_500

「これしか持てない」が人気の秘密

そもそもサコッシュとは、ロードレースの際に補給食を持ち運ぶために用いられた、紐付きの小型バッグのこと。スポーティな素材使いと、軽量かつシンプルな造りが特徴のアイテムです。

近年ではカジュアルコーデに欠かせないアイテムとして注目されているサコッシュですが、その人気の理由は、荷物をすっきりと持ち運べる点。財布、スマホ、鍵といった、最低限の荷物がぴったり入る絶妙なサイズ感は他では替えが効きません。言い換えれば、「必要最低限のものしか持てない」短所が、時流によって長所に取って代わったのがサコッシュの最大の魅力です。

main

ちなみに、「コンパクトで両手の自由が効くバッグ」という意味ではウエストポーチにも似ていますが、見た目のスポーティーさやシンプルなルックスなどの"デザイン面"では、身につける人によって印象が左右されないサコッシュが圧勝。同じ用途でも、サコッシュなら持っていても「ダサい」と言われることはありません。

その主張しすぎないサイズ感から、コーディネートのアクセントとしての使いやすさもバッチリ。特にどこか「物足りない」印象を覚えがちな春夏にはまさにぴったりなバッグです。




サコッシュ&ミニショルダーバッグのおすすめブランド6選


今回集まったのは「サコッシュが欲しい!」という声に寄せられた、ショップスタッフがオススメする7ブランド。

"これぞサコッシュ!"なデザインのものから、サコッシュ感覚で使えるミニショルダーバッグまで幅広くあるので要チェックです。ショップスタッフによるおすすめポイントと合わせてお楽しみください!

1.LOWERCASE×PORTER×EDIFICE


141-141170051540001-B2
まずは、元ビームス・クリエイティブディレクターの梶原由景氏によるコンサルティング企業LOWERCACE(ローワーケース)と、老舗ブランドPORTERのコラボレーションライン「PORTER × LOWERCACE」にEDIFICEが別注をかけた豪華なトリプルネームから。

original_9600c296

「シャンブレーサコッシュ」は王道的なデザインを踏襲しつつ、スポーティさの中に品が漂う「ナイロンシャンブレー」を採用した一品。エディフィスとポーターの"らしさ"が詰まった、大人に相応しいルックスに仕上がっています。内側には仕切り付きのポケット、外側にはZIP付きのポケットが設けられるなど、コンパクトながら収納力も充分ですよ。

\スタッフのおすすめポイント/

「カジュアルすぎず、上品に仕上がっています!」




EDIFICE 名古屋パルコ店 - 小川 優
スタッフページを見る



2.ED ROBERT JUDSON β


original_cc237e87 (1)
『ED ROBERT JUDSON β(エド ロバートジャドソン ベータ)』は、"架空の職人が日常生活をヒントに生み出すアイデア"という設定で個性的なデザインを展開するブランド。バネやバインダーなどの工業的な素材をベースに、最新技術を駆使したアイテムが特徴です。

original_7a60565f
こちらのポーチは、PVC(ポリ塩化ビニル素材)を熱圧着した、特殊なレザーを用いた一品。質感の独特さもさることながら、耐水性の高さが秀逸です。コードも細めで、控えめなサイズ感もスマートな印象。スマホ、タバコ、パスポートなど、最低限の荷物だけ詰めこめる点からも、旅行用のサブバッグとしてもオススメですよ。

\スタッフのおすすめポイント/

「年間通しての使用、またアウトドア用にも最適です!」







3.Edwina Horl


124296151_o14
『Edwina Horl(エドウィナ ホール)』は、ヨウジヤマモトで経験を積んだオーストリア生まれのデザイナーによるブランド。オリジナルで製作した生地や、立体的なシルエットを用いたモードスタイルが人気を博しています。

normal_98593943-1
そんなエドウィナホールのサコッシュは、凹凸した質感が目を引くオリジナルテキスタイルを使用した一品。墨色に近いブラックやレザーの持ち手がブランドらしいモード感を醸します。サイズもコンパクトすぎず、過不足ない収納力を実現。一見クセが強くも、単色なので幅広いコーディネートにハマってくれますよ。

\スタッフのおすすめポイント/

「アダルトな印象を与えてくれる一点です。」







4.SEIL MARSCHALL


original_5cd94c20

ドイツ発『SEIL MARSCHALL(サイル マーシャル)』は、1896年創業の老舗ブランド。その歴史はロープの生産から始まり、現在はテントやバッグ、洋服など、多岐にわたる分野で高い技術を発揮しています。生産は全てドイツの自社工場で、ハンドメイドにて行われているのも見逃せないポイント。

2017-12-18-13.06.20_R
同ブランドが手がける「Map Case」は、キャンバス生地とレザーを用いて作られたミニサイズのショルダーバッグ。タフな質感もさることながら、秀逸なのはそのカラバリの豊富さ。グリーンやグレー、ネイビーといった単色から、ポップな色合いのストライプ柄まで幅広く用意されており、理想のデザインがきっと見つかるはずです。

\スタッフのおすすめポイント/

「サコッシュとはまた少し異なりますが、サイズ感や用途は近いものです。装いが重くなりがちな時期でも、こんな明るいバッグを合わせればぐっと雰囲気も軽くなると思います。」







5.Beruf


1016047
『beruf baggage(ベルーフ バゲージ)』は、サイクリストを中心に人気を集める日本発のバッグブランド。高機能素材を使用し、日本国内の熟練した職人によって製作される質実剛健なものづくりが魅力です。

original_5e3b1525

「Zippy 2.0」は、とにかく軽くタフで、耐水性にも優れた特殊素材「X-Pac」を採用したミニショルダーバッグ。シルエットを立体的にすることで、見た目以上の容量と形の崩れにくさを確保しています。また、ショルダーストラップのに付属したアジャスターを活用すれば、「ビジネスシーンに合うリュック」特集でも紹介した「Urban Exploler 20」に装着することも可能。

\スタッフのおすすめポイント/

「シンプルでミニマムなデザインは様々なスタイルにマッチしてくれます。よくあるサコッシュ等とはまた違う雰囲気を醸し出し、満足して頂けることは間違い無しです。」







6.ARUMO


original_ede2836d
「シンプルで機能的、そして長く使える」ことをコンセプトにバッグを製作するブランド、『ARUMO(アルモ)』。レザーはイタリア製の上質なもののみを使用し、一人の職人がひとつのバッグの生産工程を全て賄うなど、品質へのこだわりは超一流です。

「レザーショルダーバッグD 」は、ペットボトルも収納できる容量を備えたスクエアシルエットのバッグ。最高級のカーフレザー(生後6ヵ月以内の仔牛からとれた革)を用いた、極上の肌触りです。「ショルダーバッグD」シリーズは、こちらのレザー以外にもスポーティな高機能素材「ベンタイル」やデニム生地を用いたものなど、幅広い素材使いで展開中。気になった方はそちらもチェックしてみてくださいね。

\スタッフのおすすめポイント/

「柔らなレザーカーフを生かすシンプルなデザインで、どんなスタイルにも対応してくれます!」











1016768

ショップスタッフのおすすめを集めよう

いかがでしたか?必要最小限の荷物をおしゃれに持ち運べるサコッシュ。休日を身軽に楽しみたい方にぴったりなので、ぜひ手に入れてみてください。

また、サコッシュ以外にも「おしゃれなブランドやアイテムが知りたい」、という方は、FACYを使ってショップスタッフに直接質問してみるのがオススメ。提案してくれたアイテムがもし気に入ったら、通販 or 店頭受け取りを選択して購入することが可能なので、ぜひダウンロードしてみてくださいね!


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Original 35866cb4 TREND 2018.05.24

    夏イベントのバッグはコレでキマり。プロが選んだ「ミニバッグ」をご紹介

  • Default image4 TREND 2018.05.10

    休日のちょっとした外出専用に。地味に頼れる「小さめバッグ」

  • 130666595 o12 TREND 2018.05.08

    人混みでも安心。フェスに使える「コンパクト」な優秀バッグをご紹介。

  • 130666595 o1 TREND 2018.05.01

    「ちょっと出には欠かせない」休日はサコッシュで身軽に動きませんか?

  • Original 558c0bb9 TREND 2018.04.18

    「ポケットに詰め込む」から卒業。ちょっとした外出に最適なショルダーバッグ

  • 5009209150711 TREND 2018.04.11

    「これ一つでどこへでも行けます。」旅のお供に欲しい、財布代わりになるミニバッグ

記事ランキング

STYLER iOS

ショップスタッフがあなたにおすすめを教えてくれるアプリ

STYLER iOS