憧れの丸メガネ。攻略するなら、こんな「細身」フレームを選んでみましょう。

細身の丸メガネなら

知的でこなれた印象を与えてくれる丸メガネは、いつかは取り入れていたい憧れのアイテム。とはいえ、いざ選ぶとなると、昭和の文豪のようになりそうで手が出ない…。

それなら、まずはフレームの主張を抑えた"さりげない"丸メガネから選んでみましょう。メガネ自体の主張が少ないので、違和感なく馴染んでくれので、オススメなんです。

というわけで今回は、プロが厳選した細身の丸メガネをご紹介。質にもこだわった逸品ばかりが揃ったので、ぜひ参考にしてみてください。

「ちょっぴり楕円」が美しさの秘密


normal_98593943-1

STEADY - STD-10 ¥25,920(税込)


まずは、メガネの本場・鯖江発の『STEADY』が手がけた一本から。フレームにチタンを採用することで、軽量かつ清潔感ある仕上がりになっています。形状はやや縦幅の狭い楕円形のフォルムを採用し、着用時に美しい円に見えるよう計算。ジャパンメイドならでは顔馴染みの良さも相まって、使い勝手は申し分なしです。アンダー3万円で手に入ってしまうコスパの良さにも注目したいところ。







ヴィンテージを最新技術でアップデート


normal_98593943-1

CLAYTON FRANKLIN - CF607 ¥32,400(税込)


お次は、古き良きデザインと現代的な技術を用いた機能性が魅力の『CLAYTON FRANKLIN』によるメガネ。フレームは日本人にフィットしやすいオーヴァル型(楕円形)で、素材に採用されたアンティークシルバーが静謐な印象を演出します。極限まで薄く仕上げたフレームもポイントで、ブリッジに金属を埋め込むことで強度も両立。デザインだけでなく、精巧な造りも楽しみたい逸品です。




OQMEL - 中山 洋一
スタッフページを見る



極上のフィット感にノックアウト


normal_98593943-1

kearny - peaks ¥32,400(税込)


アメリカのヴィンテージメガネをリスペクトし、日本でも数少ないセルロイド製メガネを手がける『kearny』の一本。オリジナルで製作された「一山」というブリッジは日本人の顔の形に違和感なくフィットし、動いてもブレにくいのが特徴です。本体の掛け心地もとにかく軽く、提案してくれたLICLEの鶴田さん曰く「かけているのを忘れてしまう」ほど。どうせ買うなら長く使えるものを、という方にぴったりです。







いかにも"丸メガネ"なルックスじゃないからこそ、手を出しやすいのが細身フレームの利点。メガネにかかわらず、まずは"控えめ"なものから挑戦してみるのが、アイテムを攻略するコツですよ。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Original 52d42b13 TREND 2018.09.28

    コーデのマンネリ化を解消する「洒落たメガネ」3選

  • Original 0f026d66 TREND 2018.07.03

    今更聞けない「抜け感」って?簡単に演出するなら、太めフレームの眼鏡がオススメ

  • Default image 3 TREND 2018.06.14

    大人を満足させるお洒落メガネ。ショップスタッフのおすすめブランドは?

  • 129651774 o8 TREND 2018.04.09

    気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド

  • Megane TREND 2018.03.30

    オシャレに決まるメガネって…?初心者でも手を出しやすいのはこの3つ

  • Moscot TREND 2018.03.09

    似合わないなんてあり得ない。「取り入れやすい」メガネをプロが厳選

記事ランキング