メンズ「半袖シャツ」を攻略。オススメの着こなし&ブランドを一挙にご紹介!

original_db06f0ed

今年買うべき半袖シャツ、集まりました

半袖シャツはTシャツと双璧をなす、夏のマストアイテム。

休日とビジネスシーン両方に馴染む汎用性が魅力ながら、セレクトを間違えるとおじさん臭い印象を与える原因にもなってしまったり。ここはプロの意見を参考にしつつ、間違いない半袖シャツ選びをしていきましょう

というわけで今回は、FACYに集まったショップスタッフのオススメのもと、半袖シャツの選び方からオススメのブランドまで一挙にご紹介!

半袖シャツの失敗しない選び方って?


まずは、後悔しない半袖シャツの選び方からチェックしていきましょう。

original_6ad4f934
①襟の形状
1、2着目に手に入れるなら、たいていのコーデに馴染むレギュラーカラーがベター。もしカジュアルにキメたいならボタンダウンカラー、個性を出したいなら、男らしく小顔効果も期待できるホリゾンタルカラーもオススメです。

また襟羽の太さについても、主張が強すぎず首元にすっきりした印象をもたせてくれる細身のものを選びましょう。

501005919046_15
②そで丈
近年のカジュアルコーデは"リラックス感"がキモなので、肘にかからない程度のゆったりとしたそで丈が最適。

もしビジカジにも合わせるのであれば、リラックス感とフォーマルさを両立できる、肩と肘の中間くらいを目安にしましょう。

501005915011_16
③サイズ・丈感
②と同じく、カジュアルコーデの場合はタイト過ぎず、程よくゆとりがある方が◎。肌との密着を防ぐことで通気性もよくなり、汗ジミも作りにくくなるので夏のシャツ選びとして合理的でもあるんです。

反対に裾は長すぎるとボトムスとのバランスが取りにくいのでNG。タックイン・アウトどちらとも相性がいい、腰が隠れる程度の丈感がベストです。

半袖シャツを使ったオススメのコーデって?


お次は、ショップスタッフによる半袖を使ったコーデをご紹介。ぜひコーディネートの参考にしてみてください。

1072086

こちらは『URBAN RESEARCH』のシャツを取り入れた、王道的カジュアルコーデ。キャメル×霜降りグレーの色合わせが相性抜群です。

シャツの絶妙な丈感と7分丈パンツですっきりとした印象にまとめつつ、ややゆとりのある袖丈がアクセントになっています。サンダルでトップスの色を拾っている点も技アリ。

P1011643-440x586

お次は『CIT LUXURY』と『EDIFICE』がコラボで手がけたシャツを使ったビジカジスタイル。清涼感のあるブルーのトップスにグレーを合わせた、夏らしい軽やかな色使いに注目です。

一見ベーシックなコーディネートながらも、足元にはネイビーのローファー、首元はホリゾンタルカラー(襟羽が水平に開いた襟型)を取り入れるなど、アイテム選びでさりげない個性を出しているのも◎。おしゃれなクールビズの最適解といえるコーデです。

プロが薦める半袖シャツ7選


ここからはFACYに集まった、プロも認める7着の半袖シャツをピックアップ。定番ブランドから知る人ぞ知る名作まで、幅広い種類のシャツが揃ったのでお見逃しなく!

1.着るたびに気づきが生まれる『STILL BY HAND』


normal_98593943-1
STILL BY HAND
SH0182 ローン素材 S/Sシャツ

¥15,120(税込)



まずは、一目で上質とわかる生地感の『STILL BY HAND(スティル バイ ハンド)』によるシャツ。素材選びから縫製、シルエットまで妥協がなく、「いまだに手で」を意味するブランド名通り、いくつもの職人技が惜しみなく活かされています

素材にはきめ細やかな平織り生地を使用し、2枚仕立てにすることで着心地の良さとタフさを両立。

original_e86e5b09

表面のステッチまで省くという徹底したミニマルデザインも流石の一言。ロールアップを考慮して袖口の縫い代も無くなっているなど、着ていく中で気づくような違いも随所に見られます

「どうせ買うならとことんいいものを」という方はぜひお試しあれ。


POINT1.職人技が活きた妥協のない造り
POINT2.2枚仕立て仕様で着心地とタフさを両立
POINT3.表面のステッチも省いたミニマルデザイン









2.男を唆る『KESTIN HARE』


original_c38ffa1f
KESTIN HARE
FEARNMORE SHIRT

¥14,040(税込)



お次は、イギリス発『KESTIN HARE(ケスティン エア)』のシャツ。ヴィンテージマニアから絶大な支持を得る『Nigel Cabourn(ナイジェルケーボン)』出身デザイナーのブランドということもあり、さりげないワーク・ミリタリーのディテールが散りばめられています

素材にはコットンポプリンを採用して品の良い佇まいに仕上げながら、裾部分にあしらわれたのはヴィンテージワークウェアの意匠。わかる人にはわかる、男を唆るディテールです。

original_47ba3d2c

展開カラーは写真のピンクの他にホワイトとオリーブの三色展開。どれも痒いところに手が届く絶妙な色味が選ぶ楽しみを与えてくれます。

ただシンプルなだけでは物足りない玄人にぴったりの、秀逸なデザインです。


POINT1.コットンポプリン素材の上品な風合い
POINT2.裾のディテールが着こなしのアクセントに
POINT3.他にはない絶妙な色味






Euphonica - 井本 征志
スタッフページを見る



3.コスパ良し、カラー良しな『URBAN RESEARCH』


normal_98593943-1
URBAN RESEARCH
タイプライターショートスリーブシャツ

¥8,640(税込)



先ほどのコーディネートでも登場した『URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)』のシャツは、その表情に惹き込まれる1着。

生地には軽量で高密度な「60/-タイプライター生地」を使用し、ワンウォッシュかけることで縫製部分に意図的なパッカリング(生地の歪み)を起こしています。

これによりシャツ全体に繊細な立体感が生まれ、無地でも程よく主張のあるルックスに。

original_6ad4f934

写真のキャメルのほか、ホワイトとラベンダー、ブルーという使い勝手の良い4色展開。

さらに、アンダー1万円で手に入るコスパの良さも相まって、多色買いも射程圏内です。


POINT1.ワンウォッシュ済みの表情豊かな生地
POINT2.使い勝手の良いカラー展開
POINT3.8千円代で手に入るコスパの良さ






アーバンリサーチストア 心斎橋店
スタッフページを見る



4.夏でも上品にキメたい人のための『EDIFICE』


original_cee99894
CIT LUXURY × Belesto
カッタウェイシャツ

¥17,280(税込)



同じく、先ほどのコーディネートでも登場した1着。1939年創業の老舗メーカーであり、過去にはラルフローレンやエンポリオアルマーニのシャツも手がけた『CIT LUXURY(チットラグジュアリー)』と、セレクトショップ・EDIFICEのコラボシャツです。

汎用性高いベーシックなデザインながら、襟の形状に一捻り加わることでドレッシーさも確保。生地の滑らかな光沢感も相まって、夏でも上品にきめたい方に最適です。

original_ea71c522

共地でボタンダウンカラーを採用したモデルもあり、そちらはデニムを合わせたアメカジスタイルとの相性もばっちり。

コーデに迷ったら使える、万能シャツをお探しの方はいかかがでしょうか?


POINT1.老舗ブランドとのコラボ
POINT2.上品なアクセントになるホリゾンタルカラー
POINT3.「困ったらコレ!」な万能デザイン






EDIFICE丸ノ内 - 松原
スタッフページを見る



5.ルーズなサイズ感を楽しむ『MANUAL ALPHABET』


normal_98593943-1
MANUAL ALPHABET
LOOSE FIT REGULAR COLLAR S/S SHT

¥9,504(税込)



思い切り今っぽくゆったりしたシルエットが欲しい、という方には『MANUAL ALPHABET(マニュアル アルファベット)』のシャツがオススメ。

肩幅、身幅を広く取ったルーズなサイズ感と小ぶりな襟が相性のいい、好バランスなデザインです。

点字(Manual Alphabet)のように手で触れて欲しいというブランドコンセプト通り、生地の質感も極上。

original_de542c9b

生地にはハリのあるタイプライター素材を採用し、夏らしく快適な肌触りに。製品染め(縫製後に染色を行うこと)を施しているので発色もなめらかで、特殊な洗い加工によって生まれるヴィンテージライクな風合いも絶品です。

サイズ感・風合いともに理想的で、さらにコスパも良いとくれば、まさに言うことなしですね。


POINT1.今の気分に合う、ルーズなサイズ感
POINT2.製品染めによる美しい発色
POINT3.文句なしのコスパ









6.エレガントなシティウェアな『tim.』


original_73e52921
tim.
DOLMANSLEEVE OXFORD SHIRTS

¥17,820(税込)



『tim.(ティム)』のシャツは、広めの身幅に短めの丈感、そして襟ぐりに大きくゆとりをもたせたドルマンスリーブを採用した「シルエットで攻める」一着

世界三大コットンの一つである「ギザコットン」を用いたシルクのような光沢とドレープ感にも、エレガントなシティウェアを手がけるティムらしさが漂います。ゆとりある着用感も相まって、着心地の良さも申し分なし。

original_c4186930

裾付近にはフラップポケットをあしらい、首元にはボタンダウンカラーを採用するなど、ディテールにも一癖あり。

主張が少なくなりがちな夏のお供にぴったりの、癖になってしまう一枚。


POINT1.インパクトあるドルマンスリーブ
POINT2.世界三大コットン「ギザコットン」を使用
POINT3.ポケットや襟元にも一癖あり








7.サーフカルチャー代表の『MOLLUSK』


normal_98593943-1
MOLLUSK
S/S SUMMER SHIRT

¥19,440(税込)



最後は、適度にユルいデザインとUSAメイドの剛健な作りで人気の、サンフランシスコのサーフカルチャーにおける代表的ブランド『MOLLUSK(モラスク)』のシャツ。

"SUMMER SHIRT"の名の通り、さらりと快適な肌触りとリネンライクな清涼感あるルックスが特徴的です。デザインを必要最小限に留めることでベーシックアイテムとしての使い勝手も確保。

生地の風合いと絶妙な色味のおかげで羽織るだけでも雰囲気が出る一着です。ショートパンツに合う、夏らしいシャツをお探しの方は必見ですよ。


POINT1.メイドイン USAのタフな造り
POINT2.夏にぴったりな肌触り
POINT3.定番にふさわしいベーシックデザイン






ウォルナッツ恵比寿店 - Kaz Higuchi
スタッフページを見る







1016987

ショップスタッフのオススメを集めよう

夏でも我慢せずおしゃれできる、快適かつハイセンスな半袖シャツばかりをご紹介しました。上手なコーディネート方法と併せて、ぜひ活用してみてくださいね。

また、過去には開襟シャツ特集ポロシャツ特集など、夏に使えるアイテムをご紹介しているので、そちらも要チェックです。



RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Original 25b93706 TREND 2018.08.18

    秋はブラウンが正解?ショップスタッフがおすすめする「秋色シャツ」

  • Original 048a8ee5 TREND 2018.08.16

    来たる秋に向けて。秋口に着たいオススメのシャツが集まりました

  • 1534036386 umeda 20180803 06 BLOG 2018.08.13

    クラシカルな雰囲気漂う。『Needles』の新作シャツをご紹介

  • Original 7d07de51 TREND 2018.08.11

    着回しするならコレ。安くて使える「ダークトーンのシャツ」4枚

  • Tumblr pczfdrwof01u2tnolo1 1280 BLOG 2018.08.06

    カジュアルだけど上品なんです。『Wester』から大人に似合うシャツが登場

  • Default image 3 TREND 2018.08.03

    Tシャツ一辺倒にさよなら。この時期にぴったりな「半袖シャツ」でマンネリ打破

記事ランキング

ショップスタッフがあなたに
おすすめを教えてくれるアプリ

ショップスタッフがあなたに おすすめを教えてくれるアプリ

アプリを無料でインストール