TAN 2018年秋冬コレクション 透ける、隠す、ニットのいたずら

ニットブランドTANの2018年秋冬コレクション。アームカバーやレッグウォーマーなど、体を覆い装飾するピースがある一方、まるでレースのように繊細な編み方をした透けるニットで「隠して、見せる」ことに挑戦した。触れると壊れてしまう儚さには、いつだって惹かれてしまう。

TAN 2018AW LOOK



























































TAN

長年ニットメーカーでキャリアを積んだ村上亜樹/国府澄江がデザイナーを務め、2015年AWよりブランドスタート。国内生産にこだわりクオリティーを追求。TANgent(正接)ラテン語で"触れる"の意を持つ。また、三角関数にも紐付き、無限の正負を示すtangentの様にニットプロダクトの無限の可能性を示す。"糸から衣装へ"とテクニックを追求し、計算された編組織とプロポーションを提案している。

HPInstagram



RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • My 19 l LOOK 2018.10.08

    MY 2019年春夏コレクション さあ、どこ出かけよう?

  • Look2019ss 15 LOOK 2018.10.07

    RUMBLE RED 2019年春夏コレクション コンテンポラリーな女

  • 143 LOOK 2018.10.06

    near.nippon 2019年春夏コレクション 砂漠で見せるアーバンスタイル

  • Look26 LOOK 2018.10.05

    KENJI HIKINO 2019年春夏コレクション 柔らかさは細部に込めて

  • 17 LOOK 2018.10.04

    EBONY 2019年春夏コレクション いつもの場所で見つけた宝

  • 10419583930656c102d4ea7a5eed9573 NEWS 2018.08.07

    デザイナーの思いを垣間見るサンプルセール&ポップアップ「おもいで縁日」が開催

記事ランキング