トレンドのミリタリーを気軽に取り込める「nonnative」の今すぐ使えるアウターをピックアップ!

non1

飛ぶ鳥を落とす勢いでトレンドに踊り出ているミリタリー。STYLER MAGでも、では今そこ原点回帰、ということで現代の洋服にサンプリングされるミリタリーウェアを特集しました。引き続きミリタリーをご紹介するのですが今回は、いざ現代へ。

ミリタリーアイテムは色が出すぎてコーディネートしづらいと敬遠しがちな方々のために、ミリタリーをベースにした現代ならではのアイテムをご紹介します。ブランドはディテールやデザインの主張よりもその人が自然に放つ雰囲気を大切にする「nonnative(ノンネイティブ)」。同ブランドから寒い冬のためにアウターをピックアップしました。ぜひ参考に見てみてくださいね。

─ アウトドアブランドに生地を提供しているファブリックメーカーの生地を使用したコート


non4


10161750_5620ba4ce2979


CONTRACTOR COAT POLY TWILL "AIRO" ¥64,800(tax in)


まずはPatagonia、Monclerといったアウトドアブランドに生地を提供している、日本のファブリックメーカー【第一織物】の〈AIRO〉を使用したコート。空気が中に取り込まれ易い糸を使用しており、非常に軽量ながら保温性に優れた1着に仕上がっています。

ミリタリーのディティールを感じることができるコートですが、現代風にアップデートしてあるのでコーディネートにも取り入れやすいのが◎。襟の開き具合を調節することで、違った印象に変わるので汎用性の高しです。


─ ウールとナイロンの混紡素材を使用した 大人びたチェック柄のコート


non3


10091523_56175d72242dd


CONTRACTOR COAT W/N PLAID CHECK ¥75,600(tax in)


続いては、先ほどご紹介したアイテムと同型のウール・ナイロンの混紡素材を使用したコート。こちらは、ブランドオリジナルのプレードチェック柄が特徴的で〈AIRO〉とは同型とは思えないほど、違った雰囲気に仕上がっています。

かなりミリタリー色は抑えられていますが、逆に“アイテムとしての存在感”はぐっと上がったような印象。完全に主役級と言えるコートは物欲をいい感じに刺激してくれます。


・高機能素材とカウレザーのコンビが魅力的なロングコート


non2


11061604_563c5106f30d1


CONTRACTOR PUFFCOAT POLY STRETCH "Pliantex" WITH COW LEATHER ¥97,200(tax in)


最後は、糸と糸の隙間がほとんどなく非常に高い防風性と、それに相反する伸縮性を高次元で実現した高機能素材〈PLIANTEX〉をボディに使用したロングコート。袖は柔らかさが特徴のカウレザーと、高機能素材とレザーのハイブリッド感がたまらない仕様のアイテムです。

なかなか見かけない組み合わせはありますが、ワントーンでまとめているので、しっくりはくる仕上がりはさすが。インナーには中綿が入っており、保温性も十分なので、今年の顔として使ってみてはいかがでしょうか?


ミリタリーをベースにした現代のアイテムはいかがでしたか?ミリタリーアイテムの特徴でもある、実用性を残しつつ、より都会的にブラッシュアップさせたnonnaitiveのアウターたちが気になった方は、ぜひ大阪のDELIGHT.までどうぞ。

DELIGHT.
大阪府大阪市西区南堀江1-19-3
Open : 12:00 - 20:00
Tel : 06-6563-9674
Twitter / Facebook / Instagram

Text.Ryota Shimizu




RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Original b40002b0 TREND 2018.11.11

    この冬、後悔しないように。使い勝手のいいシンプルなコートをチェック!

  • 1541213851 ema2018 1103 3 TREND 2018.11.08

    ミリタリーファッションを攻略。注目アイテムから、おすすめブランドまで

  • Original 47cdf9b5 TREND 2018.11.07

    一生モノになりうる、編集部が選んだ「今年の主役コート」3選

  • 2018 11 02 13.36.23 r BLOG 2018.11.05

    今時期の需要にしっかり応える『HAVERSACK』の新作ハンティングコート

  • Original 0463d57f TREND 2018.11.01

    「本格派コート」をお探しなら、ショップスタッフ推薦からどうぞ

  • Original 3f739511 TREND 2018.10.30

    これから着たい「黒のコート」。ショップスタッフのオススメは?

記事ランキング