「ビジネス」でオススメのスニーカーって?プロ推薦の14ブランドをご紹介!

original_08c8e922

ビジネス用スニーカー、揃っています

近年はスポーツ庁が掲げる「FUN+WALK PROJECT」が奨励されたことで、本格的に市民権を得始めたビジネススニーカー。

そんな流れもあって、セレクトショップからも通勤用に履きやすいスニーカーが数多く提案されています。今まで「スーツにスニーカーってあり?」と懐疑的だった方にとっても、まさに今が買い時!

今回は「オススメのビジネス用スニーカーが欲しい」というFACYユーザーの元に集まった、ショップスタッフおすすめのスニーカーをピックアップ。歩きやすくて疲れにくいビジネススタイルを叶えてみてください。

ビジネスに履くスニーカーの条件


original_4784a2b6
ビジネススタイルが避けて通れないポイントは、やはりTPO。仕事用として履くなら、スニーカーも例外ではありません。

というわけでここでは、FACYに寄せられた数多くのショップスタッフのオススメから見えてきた、ビジネス用スニーカーのポイントをご紹介!

1.スーツにも合うレザー素材がベスト


original_08c8e922
まず抑えておきたいのは最低限のフォーマルさ。革靴並とまではいかなくとも、大人の品格を保つためにはスニーカーでもやはりレザー素材が定番です。

反対に、カジュアルの代名詞とされるキャンバス素材はNG。高級感のあるレザーであれば、スーツの綺麗な素材とも相性がいいのでオススメ。

2.もちろん履き心地重視で


original_40f0ce19
スニーカーならではの魅力は、なんといっても疲れにくさ。

長時間の歩行でも疲れにくい、ソールのクッション性が高い一足を探しましょう。

3.カラーは汎用性が高いものを


original_9b20d447
毎日着用するなら、使い勝手の良いカラーを持っておくのが定石。

大抵のカラーと合わせやすいネイビーやブラック、ホワイトやベージュを選びましょう。

4.気兼ねなく履けるローカットがおすすめ


original_2f391c71
最後に注目しておきたいのが、スニーカーの形状。パンツのシルエットを崩さず、着脱も簡単なローカットを選ぶのが正解です。

反対に、いま世に出ているハイカットのスニーカーは往々にしてハイテクスニーカーと呼ばれるもので、見た目に派手さが残っているのでできるだけ避けましょう。

ビジネスに馴染む「白スニーカー」8選


白のスニーカーは大抵のアイテムと合わせられる万能アイテムですが、汚れが目立ちやすく、一歩間違えると“運動靴感”が出てしまうのが悩みどころだったり。

ここからご紹介するのは、そんな難点をクリアしたプロも認める白スニーカーなので、ぜひ参考にしてみてください。

PICK UP:「ビジネスで使える真っ白のスニーカーを探しています。汚れが付きにくいものだとベストです!(政/東京都)」

1.紐なしでもOKな<REPRODUCTION OF FOUND>


normal_98593943-1
REPRODUCTION OF FOUND
EDIFICE別注 ジャーマンスリッポンスニーカー

¥22,464(税込)



50年代〜90年代に造られた軍用のトレーニングシューズをデザインソースにした、現代的で高品質なスニーカーを手がける<REPRODUCTION OF FOUND(リプロダクション オブ ファウンド)>。

こちらのEDIFICE別注モデルは、ドイツ軍が着用した「ジャーマントレーナー」をベースに、紐なしでも履ける2WAY仕様にアップデートした一足です

アッパーには上質なイタリア産レザーをボディに使用し、実際に軍用シューズも手がけていたスロバキアの工場で生産するこだわりにも注目。ミニマルなルックスと素材の高級感、そして、ヴィンテージ好きにはたまらないデザインを備えています。




EDIFICE 名古屋パルコ店 - 小川 優
スタッフページを見る



2.一味違う<CONVERSE>


normal_98593943-1
CONVERSE
ONE STAR J VTG HS

¥27,000(税込)



お次は、「ジャックパーセル」や「オールスター」など、白スニーカーの代名詞的モデルを輩出し続ける<CONVERSE(コンバース)>。

なかでも、2014年秋冬よりスタートした、過去の名作を日本産で復刻する「タイムライン」シリーズは、そのハイクオリティな仕上がりが大人の足元にぴったりなんです。

「ALL STAR TENNIS LEATHER」も、そんな同シリーズの一足。上質なレザーをつなぎ目のない一枚革仕様で仕上げ、側面でなくヒールについたスターマークや、シンプルなワントーンデザインも完全再現。ただの定番では物足りない方におすすめです。




LOFTMAN COOP E-MA STAFF 岡本
スタッフページを見る



3.フォーマルアイテムと相性抜群な<YOAK>


normal_98593943-1
YOAK
STANLEY

¥25,920(税込)



東京生まれの気鋭スニーカーブランド<YOAK(ヨーク)>。ジャケットやシャツに合わせることを前提にした「特別な日に履く靴」というコンセプトも相まって、ビシネス用のスニーカーを買うなら最適なブランドなんです。

こちらの 「STANLEY」は、そんなヨークの代表作。飾り気がなく匿名性の高いルックスは他のアイテムとの兼ね合いもよく、ロゴやシンボルマークといった“ブランドっぽさ”に抵抗がある方にもぴったり。

素材にはマットな牛革を、ライニングには吸排湿性に優れた豚革を使用。その細部に渡るこだわりは、デザイナーへのインタビュー記事でもたっぷりと語られているので、そちらも要チェックですよ。




Euphonica - 井本 征志
スタッフページを見る



4.“やっぱりいい”王道<adidas>


normal_98593943-1
adidas
スタンスミス

¥15,120(税込)



白スニーカーといって忘れてはならないのが、やはり<adidas(アディダス)>のスタンスミス。

同名のテニスプレイヤーのシグニチャーモデルとしてデザインされたこちらは、その販売量でギネスブックに載ったほど人気を博した、アディダスにおける名作中の名作です。

通気口で描かれたサイドの三本線やスマートなシルエット、レザー製のボディは、文句なしのスタイリッシュさ。スニーカー初心者から、原点回帰の上級者までオススメしたい逸品です。




JOURNAL STANDARD 神戸店 - 西田
スタッフページを見る



5.モード感がツボな<alfredoBANNISTER>


normal_98593943-1
alfredoBANNISTER
ZIPスニーカー

¥37,800(税込)



日本におけるモードブランドの先駆けである「ABAHOUSE」によるシューズブランドが<alfredoBANNISTER(アルフレッド バニスター)>。

その新作となる一足はメタルのファスナーが存在感たっぷりで、スライダーを一番上まで引き上げた状態でテープを左右に引っ張れば簡単に開閉もできるなど、実用性の高さも魅力的です

ソールにはグリップ力が高いビブラム社製のものを使用して、履き心地・デザインともにハイクオリティな仕上がり。




alfredoBANNISTER代官山店
スタッフページを見る



5.清潔感&高級感漂う<JIM RICKEY>


normal_98593943-1
JIM RICKEY
JIM RICKEYスニーカー

¥13,500(税込)



2006年にストックホルムでスタートした<JIM RICKEY (ジム リッキー)>は、スニーカーのほか、時計から革小物まで幅広く展開するトータルファッションブランド。北欧らしくミニマルで、すっきりとしたデザインが特徴です。

こちらのスニーカーも、そんなブランドの世界観が凝縮された一足。主張を抑えたデザインとアッパーに用いられた滑らかなレザーに品の良さを感じます。

ソールのクッション性や、着用するほど柔らかく快適になる履き心地も手伝って、デイリーユースにふさわしい使い勝手に。高級感重視で選びたい方におすすめですよ。




ITAL STYLE OSAKA KYOMACHIBORI
スタッフページを見る



7.人と被りにくい


normal_98593943-1
C.QP
RACQUET

¥38,800(税込)



同じくスウェーデン生まれの<C.QP(シーキューピー)>は、「会話」と「本質的なプロダクト」がコンセプトのシューズブランド。厳選された産地から調達される素材を用いて、有名ブランドのスニーカーも手がけるファクトリーで生産される、高品質なものづくりがポイントです。

最新モデルの一足は、クラシカルなテニスシューズにインスパイアされた昔懐かしくもエレガントな佇まい。土踏まずのアーチにしっかりフィットしてくれるインナーソールや、本来はドレスシューズに使われることが多い、形状をしっかりと安定させてくれるシャンクソールを使用して、履き心地へのこだわりも十二分です。

日本での取り扱いはまだ少ないので、人と被りたくない方にもオススメですよ。







8.履き心地が唯一無二な<Newbalance>


normal_98593943-1
Newbalance
MRL247

¥9,504(税込)



世界で初めて足の長さ(サイズ)だけでなく足回り(ウィズ)を基にしたサイジングを取り入れた革新性や、多くの著名人に支持され続ける履き心地など、名だたるスニーカーブランドの中でもとりわけセンセーショナルなポジションを保ち続ける<Newbalance(ニューバランス)>。

こちらの「MRL247」は、日々のライフスタイルを快適にサポートするべく制作されたモデル。前足部のカットラインはハイエンドモデル「1300」を、中足部から後足部までのパターンは定番の「574」を参考にした、いいとこ取りなアッパーデザインが特徴です。

爽やかな色使いや、他モデルとは一線を画した個性的なルックスで、見慣れたブランドながらも新鮮な気持ちで履けますよ。




JOURNAL STANDARD 神戸店 - 西田
スタッフページを見る



ビジネスに馴染む「黒スニーカー」6選


FACYユーザーのみならず、一般的にも需要の高いのが黒スニーカー。白スニーカーほどの清潔感はなくとも、フォーマルなスタイルへの取り入れやすさや、汚れの目立ちにくさなどはやっぱり頼れますね。

というわけでここからは、プロが太鼓判を押した、ビジネス向きの黒スニーカーを6足ピックアップ!

PICK UP:「黒のスニーカーを探してます。仕事でも履けるタイプ。(masanorin/45歳)」

1.クオリティにこだわりたい方は<Blueover>


normal_98593943-1
Blueover
Shorty Shadow

¥27,000(税込)



<Blueover(ブルーオーバー)>は、職人技術を活かした、少量生産かつ高品質なスニーカーを展開する大阪発のブランド。履き心地を左右する木型や、アッパーに用いるレザーのなめし方をモデルごとに変更し、全ての製造行程は日本で行うなど、クオリティに対する並々ならぬこだわりが魅力です

「Shorty Shadow」は、ロゴを目立たせず、カラーも黒一色でまとめたストイックなデザインのモデル。アッパーには上質なスムースレザーとベロア素材が用いられています。

インソールにはしなやかで吸排湿性が高いフルベジタブルタンニンのレザーを、アウトソールには一つ一つ手で削りだされたEVA素材を採用。素材の質や履き心地、デザインまで妥協したくない、本物志向の方はぜひ。走ることよりに特化した別モデルも展開中です。







2.黒一色も捨てがたい<C.QP>


normal_98593943-1
C.QP
RACQUET

¥38,880(税込)



先ほども登場した<C.QP (シーキューピー)>の「RACQUET」はオールブラックモデルも展開。上質なレザーのツヤ感やなめらかな質感が目を引く、より大人らしい仕上がりです

ミニマルなデザインのお陰で革靴感覚で取り入れられるところも良く、ビジネス用スニーカーにまだ慣れていない方にもオススメしたい逸品。




store a - 一明 徹
スタッフページを見る



3.革靴感覚で履ける<ALFREDO BANNISTER IN>


normal_98593943-1
ALFREDO BANNISTER IN
切り替えレザースリッポン

¥21,600(税込)



<ALFREDO BANNISTER IN(アルフレッドバニスター イン)>は先述のアルフレッド バニスターのフォーマルラインで、ビジネスに取り入れやすい、洗練されたデザインが特徴です。

そんな同ブランドが手がけるこちらは、“スニーカー感”を出しすぎたくない方におすすめなスリッポンタイプの一足。

品の良いヨーロピアンスムースレザーのアッパーで高級感を引き立てしつつ、ヒール部分をヌバック素材に切り替えることでさりげない遊び心も演出。アウトソールのカラーにホワイトを採用しているので、重たすぎない印象にまとまる点も嬉しいですね。




alfredoBANNISTER代官山店
スタッフページを見る



4.ユニークデザインが◎な<ALFREDO BANNISTER IN>


normal_98593943-1
alfredoBANNISTER
スラッシュスリッポン

¥20,520(税込)



アルフレッドバニスターの「スラッシュスリッポン」は、二種類の素材を絶妙なバランスで配置されたデザインが魅力で、個性派狙いの方にオススメな一足です

サイド部分にはゴム素材が用いられているので着脱がしやすく、履き心地の良さもバッチリ。カラー展開は三色で、ブラックとホワイトといった定番カラーだけでなく、レアなデニム地のモデルが用意されているところにも注目です。




5351 POUR LES HOMMES/Ragrise
スタッフページを見る



5.ベルクロタイプが乙な<Reproduction of found>


normal_98593943-1
Reproduction of found
German Trainer 1703L

¥23,544(税込)



先ほども登場したリプロダクション オブ ファウンドの、同じくジャーマントレーナーをデザインソースにしたシリーズ。こちらは色使いを黒一色で統一し、フロント部分をシューレースではなくベルクロ仕様に変更したモデルです。

上質なレザー素材やスマートなシルエットはジャケットや細身のスラックスとも相性抜群。元ネタへのリスペクトを表しながらも、絶妙に現代的なデザインへと昇華した逸品です。







6.インパクト重視でいくなら<NIKE>


normal_98593943-1
NIKE
エアマックス270 フューチュラ

¥14,040(税込)



最後は、1968年の創業以来、センセーショナルな技術とデザイン性で絶大な支持を獲得し続ける<NIKE(ナイキ)>。新作となる「エア マックス270 FUTURA」は、スケルトン素材の大きなヒールカップが大胆な印象です。

アッパーは通気性と軽量性を備えたメッシュで覆い、さりげない補強パーツにスウェードを用いるなど、技アリな素材使いにも注目。

もちろん見た目通り、履き心地もバッチリです。ややカジュアルめなファッションがOKな職場や、通勤時のみに履くのであれば、このくらい攻めてみるのもアリですね。




EDIFICE TOKYO(渋谷店) - 山下
スタッフページを見る







1016768

ショップスタッフのオススメを集めよう

いかがでしたか?時代の流れも相まって、そろそろ手を出しやすくなってきたビジネス用スニーカー。一足持っておけば心強いビジネスパートナーになってくれること請け合いなので、ぜひ自分に合うモデルを探し当ててみてくださいね。

もし、ビジカジコーデに使えるアイテムをほかにも知りたい方は、ビジネスで使えるチノパン特集も役立つはずなので、そちらも参考にどうぞ。

また、ほかにも探してみたいアイテムがあるときは、FACYでショップスタッフに質問をすることも可能です。もし気に入った一品があれば、通販で購入・または店頭受け取りを選択して購入することが可能なので、ぜひ活用してみてくださいね!

iOS/Android



RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Original 94b93246 TREND 2018.08.19

    人と被らないのに、合わせすい。定番以外のおすすめスニーカーって?

  • Default image6 TREND 2018.08.17

    爽やかで上品。新定番として取り入れたい「ネイビーのスニーカー」

  • Original a10c2f5e TREND 2018.08.14

    秋が始まる前にチェック!プロが選んだ「スウェードの靴」をご紹介します

  • Original b40c7562 TREND 2018.08.12

    合わせやすい「黒」、とにかく疲れないスニーカーが揃いました

  • Default image 41 TREND 2018.08.10

    使いやすいけど、ちょっと脇道に逸れた「グレーのスニーカー」3足

  • Original 71b27b76 TREND 2018.08.09

    「歩きやすい」に注目。黒のおすすめ通勤用スニーカー5足

記事ランキング

ショップスタッフがあなたに
おすすめを教えてくれるアプリ

ショップスタッフがあなたに おすすめを教えてくれるアプリ

アプリを無料でインストール