マンネリを回避する冬の最新おしゃれスタイリング術

こんにちは!

今回はスタイリング第二弾!

本日はとても冬とは思えないほど暖かかったですね。。

コート以外のスタイリングもたくさんご紹介します!

 



LAULHERE - レザーベレー 35,000yen+tax 

RICHMOND KNITWEAR - チルデンセーター 24,000yen+tax 
WESTOVERALLS - コーデュロイパンツ 22,000yen+tax 
FABIO RUSCONI - エナメルレースアップシューズ- 25,000yen+tax 


 



メンズライクなトラッドスタイルが今年のトレンド。

シックがちがちに固めるより、色をオフホワイトに統一し、

柔らかい印象に。

オフホワイトでも、セーターのウールらしい白と

パンツのコーデュロイの深みのある白で

まったりした印象になりません。

チルデンセーターはワンサイズ大きめで、少しだけ後ろに落として着ると

女性らしい肌見せが出来ます。

可愛くなり過ぎないように、足元はパテントのレースアップシューズに

レザーのベレー帽で引き締めて。

 



UNFIL - タートルネックアランセーター 35,000yen+tax 

LEE MATHEWS - チェックコート 100,000yen+tax 
LEE MATHEWS - チェックスカート 50,000yen+tax 
LOQ - パテントショートブーツ 6,000yen+tax


 

スタイリングに困ったときの救世主、セットアップ。

こちらはコートとスカートが同じ生地ですが、

セットアップを主張(?)できるよう、

コートを浅く羽織り、ベルトでぎゅっと縛ることで

中のスカートを見せています。

スタイリングの中はチェックだけかと思いきや、

実はアランセーターの柄とレイヤードしています。

柄×柄でも、ニットの編地やとても細かいチェックなどであれば

合わせは簡単。

是非、お試しあれ!



WALK OF SHAME - レザーグローブ 21,000yen+tax 

LES COYOTES DE PARIS - モックネックセーター 40,000yen+tax


 


この可愛さ、展示会にて一瞬で目を、心を奪われてしまいました。。

言葉にできない「YES」「NO」はこちらのグローブで。

もちろん素材も薄いレザーで、上質。

禁欲的なモックネックのセーターで、

知的でミステリアスな印象に仕上げてみました。

レザーグローブやアームウォーマーを足すだけで

少しだけ雰囲気がUPするかも。。

 



unknown - カリームートンマフラー 35,000yen+tax 

LEE MATHEWS - Aラインロングワンピース 69,000yen+tax 
FABIO RUSCONIパテントポインテッドショートブーツ 26,000yen+tax


 



踊れるワンピース、いや踊りたくなってしまうワンピース。

たっぷりと、贅沢に使われた生地が裾まですっと流れるように降り、

風をはらむようになびきます。

袖も空気を含んだようなボリューム感。

そんなワンピースが引き立つように、

片側の型にムートンマフラーを掛け、アシンメトリーに仕上げました。

甘い印象になり過ぎないように、

足元はパテントのエナメルショートブーツを。

主役のアイテムがあるなら、それを前面に。




ANDERSEN-ANDERSEN - 7GGタートルネックセーター 42,000yen+tax 

LEE MATHEWS - ギャザーブラウス 35,000yen+tax 
LEE MATHEWS - ギャザースカート 46,000yen+tax


 






半袖のシャツだって、ニットをインすれば新しいレイヤードスタイルの完成。

たまには着方を考えるのも、とっても面白いです。

特にシーズンものなど、この時期しか、こういう風にしか着れないと

思っていた自分を見事に裏切ってみても。

中にインしたニットは、ユニセックスのブランドANDERSEN-ANDERSEN。

カジュアルな印象が強いこのブランドも、

合わせによっては女っぽく着れたりするのです。

色々試行錯誤して、ぴんときたスタイリングに巡り合えた時、

ファッションはなんて楽しいんだろうって思います!

いつも着ている服も、着てみたいと思っている服も

全ては自分次第。

是非一緒に楽しめたら私たちも嬉しいです:)

本日ご紹介したアイテムは、オンラインストアからもご覧いただけます。

元記事を読む

la jeune Boutique


ラジュンヌブティックは、海外ですれ違う思わず振りかえってしまう心惹かれるスタイリングとそこにたたずむ空気や見える景色、香るにおいを表現しています。 贅沢で、ある意味わがままな私たちのブティックの中からとっておきの出会いを。


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • NEWS 2020.07.11

    ラフで女っぽい!今の気分にハマるTシャツ&ワンピース

  • NEWS 2020.07.10

    【身長別で比較】女らしさ高まる夏のスカートスタイル

  • NEWS 2020.07.09

    買い足しにおすすめな「大人のためのTシャツ」

  • NEWS 2020.07.08

    お買い物の参考に!夏の高レビューアイテムまとめ

  • NEWS 2020.07.07

    『ネ・ネット』から夏に似合うタッセルデザインサンダルが登場!

  • NEWS 2020.07.06

    いつものコーデを格上げする「夏の大人顔パンツ」2選

記事ランキング