2019年の第一弾『CURLY』のTRACKシリーズのご紹介

f0e6fb407a54fa0b2497563a06e0ecb3

実は昨年から少しずつ入荷していた春物も、正直冬の盛りにはなかなか紹介しづらいもので、そうこうしているうちに一月も中旬になってしまいました。

心なしか一時期より陽が伸びてきています。

もうそろそろ情報解禁してもいい頃合いでしょう。

ということで2019年の第一弾、CURLYのTRACKシリーズのご紹介です。

TRACKシリーズはスウェットパーカRAFFYと並ぶCURLYの定番品(当店では初登場ですが)で、弾力性と伸縮性に富んだ東レのポリエステル糸”サモーラ”を超長綿糸にブレンドして編まれたジャージー素材で仕立てられています。

まずはTRACK JACKET。

2019-01-11-13.41.44_R

先述のジャージーを用いて一枚仕立てされた2つボタンジャケットです。

2019-01-11-13.44.15_R

紺ブレのようなパッチポケットに、前振り袖、袖口も本切羽(ボタンがダミーでなく開閉可能)となっているなど

2019-01-11-13.43.19_R

オーソドックスなジャケットのディテールを採り入れ、素材の特長は活かしながらも職種によってはビジネスにも使えるほどのクリーンな一枚に仕上がりました。

このジャケットと対を成すのがTRACK TROUSERS。

2019-01-11-13.33.00_R

1プリーツが設けられたテーパードパンツで、これもまたいわゆる「ジャージのずぼん」とは一線を画した一本です。

とはいってもフロントのスナップボタン使いなど、ただ単に素材をクラシックなものに落とし込んだだけ、に収まらない絶妙な匙加減に唸らされます。

2019-01-11-13.34.01_R

そうかと思えばヒップポケットには生真面目に貝ボタンが使われていたり、なかなかどうして一筋縄ではいきません。

2019-01-11-13.35.45_R

それぞれ単品でも、そしてもちろんセットアップでも着用可能です。

上下揃えたならば、先に述べたようにビジネスの場から、同窓会に結婚式の二次会など、ちょっとだけきちんとしたい、でもあまり固くなりすぎるのも、といった場面で大活躍することでしょう。

輝かしき新春を飾るのに相応しい、素敵な逸品です。

元記事を読む

Euphonica


横浜市都筑区仲町台1-33-19

横浜市営地下鉄の仲町台駅からほど近い場所に位置する、小さな「洋品店」。ラグジュアリーとは異なる静謐な上質と、時間に耐えうる永続性を提案する。


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • BLOG 2019.08.21

    レトロ感たっぷり。〈ZDA〉のバレーボールシューズにホワイトが仲間入りです。

  • TREND 2019.08.09

    全方位カバー。欲しいポイントが詰まったスポサン3足

  • TREND 2019.08.07

    見た目はチノパン。この時期に穿きたいベージュパンツ3本

  • INTERVIEW 2019.07.30

    今年で三十路。路頭に迷うメンズが着るべき服とは?

  • BLOG 2019.07.27

    Itheの新作Tシャツは、洋服好きなら一見の価値あり。

  • BLOG 2019.07.07

    『Olde Homesteader』から念願のTシャツが登場

記事ランキング