春が来る前に手に入れたい。『CURLY』から都会的な雰囲気を纏ったブルゾンが登場

2019-02-04-13.29.11_R

昼はさすがに季節外れの暖かさだったとはいえ、すっきりと晴れてたいそう気持ちの好い一日でした。

明後日あたりからまた寒くなるとは聞いていますが、もうそれでも春の加速はだれにも止められません。

スプリングコート、薄手のジャケット、そしてこんな軽いブルゾンも気になってきます。

2019-02-04-13.27.47_R

2019-02-04-13.36.06_R

CURLYといえばカットソー、もちろんこのブルゾンも然り。

海外のラグジュアリーブランドからの注文も請け負う国内のハイレベルな工場で編まれたハイゲージの生地は、ただのポリエステルのジャージーとは言い難いほど品の佳い光沢を湛えています。

2019-02-04-13.32.45_R

それでいて伸びやかさは抜群ですので、袖を通せばふふっと笑みがこぼれることでしょう。

要所要所の裏はコットンの(主に迷彩柄の)生地で補強され、ふにゃふにゃになりすぎない加減が保たれています。

2019-02-04-13.30.01_R

艶を消したダブルジップは過度な主張をせず、ただ黙々と職務を遂行します。

2019-02-04-13.38.06_R

上記の如くハイテクノロジーの恩恵を受けつつも、デザインのベースはクラシックな英国調ブルゾンです。
たとえばこの腰のアジャスター、機能的でありつつも敢えて最先端の素材や技術を用いないこの匙加減が実に心憎い。

2019-02-04-13.37.17_R

毎シーズンすぐに完売してしまうCURLYのブルゾンの例に洩れず、このSINGULAR ZIP BLOUSONもより春が近づけばどんどん減っていくであろうことが予測されます。

気になる方は、どうぞお早めに。

元記事を読む

Euphonica


Euphonica(ユーフォニカ)は横浜市営地下鉄の仲町台駅からほど近い場所に位置する、小さな洋品店です。
ラグジュアリーとは異なる静謐な上質と、数年程度では旧びることのない永続性を提案していきます。
衣類はメンズ、レディス両方(+若干の子供服)を、その他ナチュラルに日和らないデザイン雑貨等を扱っています。


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • BLOG 2019.10.04

    「控えめながらよくできたブルゾンです」。〈CURLY〉のショートブルゾンをご紹介

  • BLOG 2019.09.22

    シャツ好きなら見逃せない、新鋭ブランド〈tilt The authentics〉の一枚。

  • BLOG 2019.09.16

    〈YOAK〉の新作HENRY。平凡なようで、平凡からほど遠い靴。

  • BLOG 2019.08.31

    日常使いに程よいサイズ感。ドイツ発〈SEIL MARSHCALL〉のショルダーバッグに注目!

  • TREND 2019.08.30

    デニムに合わせるならコレ! ショップ店員推薦の「大人ベルト」3本

  • BLOG 2019.08.21

    レトロ感たっぷり。〈ZDA〉のバレーボールシューズにホワイトが仲間入りです。

記事ランキング