グッドルッキングな「雨でも履ける」スニーカーをレビュー。

雨の日履けるシンプルなスニーカーってあったっけ?

昨今スニーカーの選択肢は本当に多い。ただ、本当にシンプルなものが欲しい時は、大手スポーツブランドのロゴやマークが要らないかなと感じてしまうこと、たまにありませんか?

さらに、雨の日にも履ける、スポーティ過ぎないシンプルなスニーカーとなると、選択肢は途端に狭まってしまう気が。「お気に入りの一足を履いて出かけたものの、急な雨に降られて靴下までびしょ濡れ」なんてことも、こんな一足を選べばもうなくなります。

 

奇はてらわない

original_4d722a42

キーワードは"KEEP IT SIMPLE"。普遍的なシルエットに、新たな快適性を備えたスニーカーを追求する『SLACK』。デザイナーのKazuya Yasuda氏は革靴とスポーツブランドの両方での経験を積んでいるため、ベーシックながらもオリジナリティのあるスニーカーを作り出します。

こちらは奇をてらったところのない、潔いオールブラックカラー。シンプルですが、どこかモードな雰囲気さえ漂います。

 

しっかり防水します

original_55fe26ab

トゥ先とサイドパネルに配置されたラバーは、デザイン上のアクセントだけでなく、しっかり防水効果を発揮。アッパーのキャンバス素材にも撥水加工がされているため、水が浸入しづらいミッドカットの形状と相まって、雨の日でも気兼ねなく使えます。

製法は、靴本体とゴム底を釜で圧着する、スニーカーの伝統製法ともいえる「ヴァルカナイズ製法」。converse、VANSなどでも用いられ、型崩れしにくく、丈夫に仕上がる特徴があります。

 

ベルクロが新鮮

original_480f9eb6

あえてシューレースではなく、ベルクロを採用したところに『SLACK』のオリジナリティが出ています。ベルクロの本数も2本に抑えることで、端正な表情に仕上がりました。
ボリューム感のあるラバーのマッドガードとのコントラストがかっこいい。防水性能を備えつつも、いかにも雨靴なルックスではないので、晴れている時でも違和感なく使えます。
「雨の日靴」の比較として思い浮かぶ、「アメリカの某アウトドアブランドのブーツなどだと野暮ったい」。そう感じてしまう方は、より都会的に仕上がったこちらを選ぶべきかと。まだまだこれから知名度を上げていくであろう『SLACK』。ぜひお早めにチェックを。

LICLE

住所:東京都世田谷区船橋1-38-10 ロータス千歳船橋1F
営業:13:00~21:00


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Black backpack TREND 2019.02.20

    本当に使える黒リュック11選。人気者から被らないブランドまで一挙ご紹介

  • Original 5a5398a0 TREND 2019.02.19

    春先に使えるカーディガン。ショップスタッフのおすすめ4枚

  • Original 6f3c42231 TREND 2019.02.19

    いい意味でストリート感がございません。「大人にハマるコーチジャケット」とは?

  • Original 3f991c91 TREND 2019.02.15

    流行中のトラックパンツ。定番から被らないものまで揃いました

  • Businessbag TREND 2019.02.15

    「ビジネスシーンで使いやすいバッグって?」プロのオススメ5選

  • Original 5bbe28c3 TREND 2019.02.13

    気分はもう夏?悩みがちなプリントTシャツのおすすめ4枚

記事ランキング