こういうのが欲しかった。30代でも似合う、洗練を極める「weac.」のGジャン

original_b2091060

「大人でも着られるシンプルなGジャン教えてください。(ひなたさん / 31歳)」

メンズカジュアル定番のジャケットといえば、デニムジャケット=いわゆるGジャンを思い浮かべる方は多いはず。男らしく、かっこよく着こなしたいという願望はあるものの、試着して鏡に映る姿がどうもイメージと違う・・・そんなことってありませんか?

ちなみに筆者もGジャン好きなので、若かりし頃は、今よりもっと着ていました。ただ、30代も半ばに入ると、どうにも主張の強いものは着づらくなってきた気が。狙うべきはおそらくシンプルなもの。それはわかりつつも、具体的には何がいいのか?ショップスタッフ氏よ、教えてたもれ。

 

徹底したシンプルさ
original_7688c287

『weac.』のデニムブルゾンを提案してくれたのは「C.COUNTLY」のKasahara氏。「極力ディテールをシンプルにし、無駄を削ぎ落した」Gジャンです。

確かに、片側のみの胸ポケット、いわゆる“1st”タイプながら、ポケットの形状がシンプルなので、オリジナルに見られる野暮ったさは皆無。リジッド=未洗いの生地に、生地と同色のステッチというのが端正な表情を際立たせます。襟が小さめなのもスタイリッシュ。

 

技ありポケット

635bd2b27a661a1b49c7620b5cf2ffe9

Gジャンで地味に議論の対象となるのが(筆者だけ?)、腰の斜めポケットあるなし問題。あるほうが便利だけど、ないほうがスッキリしていてかっこいい。ちなみに筆者はナシでいい派。

そんなことを軽くいなすかのように、「サイドスリットポケットにすることで、表面のシンプルさは損なわず、実用性も追求した」のだそう。確かに、これならアリ派もナシ派も納得の出来。手を入れたら自然と背筋も伸びる、って算段なわけですね。それ自体、これまたスタイリッシュ。

 

赤耳さえもさりげなく

c2e6c35f060a3bfdbba6b6513d48dc17 (1)

ちなみに、身頃裏にもご覧のとおりの大きめのポケットを配備。つまり、このミニマルな見た目に反して、Gジャンとしての収納性は出色の出来栄え。

そして、前立て裏には赤耳(=セルビッジ)。これはデニム好きとしてはスルーできない、うれしいディテールです。前立て裏なので、着脱の際に、さりげなくチラ見えする程度。洒落てますね。

 

アメカジ感はありません

original_b2091060

着てみると、やはりアメカジ感は全くなく、ヨーロッパの上品なワークウェアに近いニュアンスさえあります。「いわゆるアメカジのGジャンにはとどまらない独自のブルゾンに仕上がった」とKasahara氏が語るのも納得です。

上品な表情を生かして、スラックスに合わせてもOK。こんなGジャンがあるなら、30代以上のいい大人でも、コーディネートに取り入れやすい。Gジャンへの憧憬を捨てきれない方は、ぜひ試す価値があるかと。

「リジッドなら、縮み具合はいかに?」「中にはどんなアイテムを合わせれば?」などの気になることがあれば、「C.COUNTLY」のKasahara氏まで、お気軽にメッセージでどうぞ。


C.COUNTLY

住所:長野県松本市中央3-6-16 1F
営業:12:00~20:00(定休日)


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • TREND 2019.08.10

    乗り遅れてても大丈夫?いまおすすめのサコッシュ4選

  • TREND 2019.08.09

    いま熱視線を浴びる「ストライプシャツ」。ビッグな3枚をピックアップ

  • TREND 2019.08.06

    長い夏を勝ち抜くための「変化球なポケT」3枚

  • TREND 2019.08.03

    「ヘビーウェイトは正義」。ガシガシ洗っても、ヘタらないTシャツを集めました

  • TREND 2019.07.13

    夏のイベントのお供に!ガシガシ使えるバックパック4選

  • TREND 2019.06.15

    そろそろ気になるシルバーアクセサリー。さりげなさが良いバングル4選

記事ランキング