この春に穿きたい!セレクトショップがオススメするデニム10選

IMG_2556

昨年に引き続き、今年も注目したいアイテムとして浮上しているデニム。ワイドシルエットはもちろん、ウォッシュドやプレスの入ったスラックスタイプのものまで昨年よりも多くのバリエーションがリリースされています。

そこで今回はスタイラー参加セレクトショップがオススメする、春のデニムを一気にご紹介!いろんなデニムが揃っているので、ぜひお気に入りの一本を見つけてみてくださいね。

洗練されたクリーンな表情のデニム


normal-1

大阪のWUNDERがオススメするのは、『OH WELL (オーウェル)』のストレートデニム。
スーピマコットンで織られたデニム生地を使うことで、独特の光沢感としなやかさがあり、かなり上品な雰囲気。また
腰パッチやバックポケットのステッチ等、デニムらしいディテールを一切排除。
トップボタンにもスナップボタン仕様にするなど、見え方への拘りが感じられる一本です。

詳しくはこちらから。

ヴィンテージジーンズの質感を忠実に再現した一本


Processed with VSCOcam with c1 preset

代官山のROOTがオススメするのは、『the Hill-Side (ザ ヒルサイド)』のブルージーンズ。ブルックリン発のブランドが岡山で製作したという一本は、コットン100%、50年代のLevi's 501 XXをベースにしたもの。ストレートシルエットに緩くテーパードが掛かっており、ヴィンテージジーンズの質感も忠実に再現されています。

詳しくはこちらから。

ミニマルな印象のスラックスデニム


normal


大阪のEight Hundred Shipsがオススメするのは、『TAURUS (トーラス)』のデニムトラウザー。薄めの生地ながらも打ち込みが多い丈夫なワーク系デニムを使用した、チノパンタイプのスラックスデニムです。70年代の軍チノや、ワークブランドのチノを意識しつつ、現代的にアップデートされたデニムはミニマルに、上品に穿けそうです。


詳しくはこちらから。



シンプルかつユニークなデニム


normal-1

仲町台のEuphonicaがオススメするのは、『EEL (イール)』のカウボーイスラックス。ベルトループを設けず、両脇のアジャストボタンでフィッティング感を調節する仕様になったデニムは、全体的にワイドなシルエットながらもすっきりとした腰まわりでミニマルな印象。春らしいシャンブレーの生地感も◎です。

詳しくはこちらから。

色の落ち感が春にピッタリなデニム


normal-4

名古屋のSynapse natifがオススメするのは、『KURO (クロ)』のテーパードデニム。膝下から裾にかけ強めのテーパードをかけたディープテーパードシルエットのデニムは股上もほど良くあり、ヒップ周りにゆとりがあります。また、ヴィンテージ加工による絶妙な色落ち加減も今の気分にぴったりです。

詳しくはこちらから。

立体裁断で動きやすさも兼ね備えたデニム


70726f647563742f32303135303531315f6439323235622e6a7067003630300000660066

高円寺のAudience Atelier Shopがオススメするのは、『Audience (オーディエンス)』のデニムアンクルパンツ。立体裁断で作ることにより、デニム特有の膝を曲げたときのごわつきを感じないようになっています。アンクル丈に設定されたレングスも春らしい抜けを演出してくれて◎。

詳しくはこちらから。

ヴィンテージライクなワイドパンツ


98496546_th

神戸のONE TENTHがオススメするのは、『SASSAFRAS (ササフラス)』のフィールサンパンツ。ベイカーパンツの名称で知られる軍パンをササフラスらしくアレンジしたアイテムです。ウエストサイズを調整できるアジャスト機能や太めのシルエットなど、ヴィンテージの雰囲気を残しつつ、生地は現代風にするなど、かなり旬な一本となっています。

詳しくはこちらから。

色味が春らしい、ワイドなシルエットのデニム


1_000000000727

五本木のLINKSがオススメするのは、『CLASS (クラス)』のバギーデニム。ゆったりとした渡りから裾にかけてテーパードしたバギーシルエットによる、トレンド感たっぷりの一本です。独特の色味と経年変化による絶妙な縦落ちも大変魅力的ではないでしょうか?

詳しくはこちらから。

切り替えデザインが目を引くデニム


1084a54fe1b554849e9d_460x460

代々木上原のLILYがオススメするのは、『NOMA t.d. (ノーマ ティーディー)』のカットオフデニム。カラーの違うデニムをパッチワークしたインパクトのあるデニムは、まさに春の主役になってくれます。クロップド丈なのでサンダルやサボ、ローテクスニーカーと相性が良いのも嬉しいところ。

詳しくはこちらから。

野暮ったさをまるで感じないデニムセットアップ


normal

原宿のLITTLETOKYOがオススメするのは、『CYDERHOUSE (サイダーハウス)』のデニム。各所に散りばめられたディティールは、デニム好きのみならず服好きまで納得するもの。セットアップのトップスもあるので、思い切ってデニムオンデニムに挑戦してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらから。

各セレクトショップがオススメする春デニムはいかがでしたか?買う時期を逃すとなかなか手を出しづらいのがボトムだと思うので、春を機に新しくワードロープに加えるのも良いのではないでしょうか。もし気になるアイテムがあったら詳細からショップにメッセージを送ってみてくださいね!

Text.Akira Ono




RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Original 929ddb3c1 TREND 2018.02.22

    一枚羽織れば「小慣れた」たたずまい。プロが選ぶデニムアウター5選

  • Pants b resize TREND 2018.02.21

    待望の復刻!「Levi's」伝説のライン「SILVER TAB(シルバータブ)」の1本

  • Original 5f66006c TREND 2018.02.19

    やっぱり1本は欲しい。プロが選んだ「シンプル×上質」なデニム

  • Denim TREND 2018.02.18

    「経年変化を楽しめる」デニム。プロが選んだ、上質な5本をご紹介

  • Original 18a4752b 1 TREND 2018.02.17

    メイドインジャパンの実力!抜群のクオリティの日本製デニムをプロが厳選

  • Original a41f0bd0 TREND 2018.02.14

    普段使いで大活躍!「スラックス感覚で穿ける」ワイドデニム5選

記事ランキング

STYLER iOS

ショップスタッフがあなたにおすすめを教えてくれるアプリ

STYLER iOS