【interview】伝統あるアイテムをシンプルに 中目黒の古着屋「Amurica」(閉店)

IMG_4503

中目黒駅から2分ほど歩くと見えてくる “Amurica(アムリカ)”。

アメリカで買い付けた古着から国内ブランドの新品アイテムが、店内には所狭しに並ぶ。個人のスタイルを尊重しながら “時代に合わせた古着ミックススタイル”を提案するAmuricaのオーナー、飯島真一さんにコンセプトやSTYLERに期待することを伺いました。

─ Amuricaのコンセプトは何ですか?


IMG_4539

古着一辺倒の着こなしではなくオーソドックスな新品アイテムも取り入れるスタイル”を打ち出しています。

これは変わった装飾品の無い新品アイテムを伝統的なアイテムと合わせてシンプルに着こなしてほしいという考えです。例えば「ヴィンテージジーンズに新品のTシャツだけ」とか「ショーツにレフトハンド(国内ブランド)の革のサンダルを合わせる」といった無駄なものを省いた着こなしが一番かっこいいと思っていますね。

買い付けアイテムとしてはアメリカ古着がメインです。その他に国内ブランドの新品アイテムを少し取り入れています。買い付けのときに「あのお客さんに似合いそうだな」と考えながら選ぶこともありますね。

─ 今おすすめのブランドやアイテムは?


IMG_GARRETWORKS

新品アイテムだと、国内ブランドのGARRET WORKS(ギャレットワークス)。馬革を使っていて背負うとすごくかっこいい。まさにシンプルな着こなしに合うんです。私も使っているんですが、いろんな方によく「どこのバッグ?」と聞かれます。

一人のデザイナーさんがオールハンドメイドで作っているので、生産数は極めて少ない。ボディー以外を黒にした2トーンタイプでのオーダーもできますが、キャメルのワントーンが一番かっこいいと思いますね。鞄としてはもちろんですが、背負っただけでスタイルが仕上がるのでアクセサリーとしても使えます。

IMG_Levis501

ボトムスでは、Levi’s 501。Levi’sが初めて品番をつけたジーンズで、基本の形とされている伝統あるアイテムです。

これにトップスなら白やグレーのTシャツ、足元ならBIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)のアテネなどを合わせてシンプルに着こなしてほしいと思います。

IMG_reynspooner

また、reyn spooner(レインスプーナー)もおすすめです。ハワイのアロハシャツメーカーで、裏生地使いが特徴的。ハワイは日差しが強く服が日焼けしやすいですから、裏生地を表にして服が痛まないようにしているんです。

これからの季節ならシンプルなチノショーツにサラッと合わせて、白のストローハットをかぶるといった着こなしがおすすめです。

─ お店の客層について教えてください


10代後半から50代の男性が多いですが、メインは30代から40代になります。その他にヨーロッパやアメリカといった海外からのお客さんもいますね。

中にはアメリカのアパレルメーカー・ラルフローレンで働いている方がサンプルアイテムを買いに来店することあります。

─ STYLERに期待していることは?


IMG_4561

使い始めたばかりなので、まずはAmuricaを知らない方たちが来店するきっかけになったらいいですね。お店としてもSTYLERをちょくちょく使っていきたいと思っています。

オンラインでもオフラインでも同じことが言えますが、親密なやりとりを続けることでお客さんが定着していくと思っています。そしてもっとSTYLERを利用するお店が増えればいいなと、これからに期待しています。

Amurica(アムリカ)
東京都目黒区上目黒2丁目12-1
81-3-3713-7335
http://amurica.shop-pro.jp/

Text:Noriko Hashinaga


STYLERで探す



RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • P6a5106 INTERVIEW 2018.06.15

    そこには「生粋の紳士達」が辿り着く。FREEMANS SPORTING CLUBの「これまでと...

  • Coto FEATURE 2018.04.19

    「神戸にあるオススメのセレクトショップ」まとめ。至極のお店が揃いました。

  • P6a0720 INTERVIEW 2018.04.01

    「靴のプロ」に聞く!新社会人にふさわしい革靴選びとは

  • P6a9304 1 INTERVIEW 2018.03.22

    「ECではなく、店頭で買う理由」が詰まっている『EDIFICE 天神イムズ店』の魅力とは

  • Cedre 14 INTERVIEW 2018.03.15

    一度は訪れたい粋なセレクトショップ。シンプル&ユニークな「神戸の新鋭ショップ」の想いとは

  • P6a4138 INTERVIEW 2018.03.14

    居心地の良さがイイ。神戸・元町の「一息つける空間」を目指したセレクトショップ

記事ランキング

ショップスタッフがあなたに
おすすめを教えてくれるアプリ

ショップスタッフがあなたに おすすめを教えてくれるアプリ

アプリを無料でインストール