この夏、久しぶりに「バンドTシャツ」着てみませんか?

中高時代、80〜90'sのパンク・ハードコアシーンが好きでCDを買い漁ること500枚超…。そのきっかけを作ってくれたのが、VANS ワープドツアーのDVD。今や大御所といわれるバンドたちが豪華出演するライブ映像に思いを馳せ、アメリカ西海岸に憧れたものです。

そして、元号が新しくなる直前に、代々木上原のセレクトショップ LILYで当時を思い出させてくれるバンドTシャツを発見。今回はその中から特に思い出深い3枚をピックアップ。同じく、パンク・ハードコア好きの方はぜひご覧ください。

NOFX(ノーエフエックス)


normal_98593943-1

Music Tee NOFX - FAT CAT ¥4,860(税込)


80年代から現在までメロディック・ハードコアシーンを牽引している、アメリカ・西海岸のバンド<NOFX>。こちらは名盤「Punk in Drublic('94)」の収録曲 Perfect Governmentの歌詞を題材にしたTシャツ。どうしてこの猫は太っちゃったの?というメッセージがちょっとポップな一枚です。※ちなみに個人的一番の名盤は「So Long & Thanks for All the Shoes('97)」。

BAD RELIGION(バッド・レリジョン)


normal_98593943-1

【MUSIC TEE】- BAD RELIGION SUFFER ¥7,344(税込)


NOFXより前から活動し、数々のバンドに影響を与えてきたメロディック・ハードコアバンド<BAD RELIGION>。パンクの歴史を語る上では欠かせないバンドですが、その中でもこのTシャツのジャケットに使われている「SUFFER('88)」は、メロディック・ハードコアというジャンルを確立させた名盤中の名盤。よく見るとかっこよさげな文字とは裏腹に、燃えている男性の絵が絶妙にダサいのですが(笑)、それもまたご愛嬌です。

Minor Threat(マイナー・スレット)


normal_98593943-1

【MUSIC TEE】- MINOR THREAT ¥7,344(税込)


前述の2バンドとはまた毛色を変えて、最後は80年代にワシントンD.Cで結成されたハードコアバンド<Minor Threat>。あのストレートエッジ(SxE)を最初に提唱したのが、ボーカルのイアン・マッケイ。筆者も高校時代はライブに行くとき、手にあのマークを描いておりました…。ちなみにストレートエッジといえば、もう一つ有名なバンドがゴリラビスケッツ。そして、そのバンドのアルバムの名前が某会社の旧名だったり。

今回の記事を書いていて、一番びっくりしたいのが全て紹介したアルバムがSpotifyに入っていたこと。Spotifyの守備範囲、恐るべしです…。

iOS/Android



RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • TREND 2019.10.26

    ガチっぽくならない!タウンユースに最適なミリタリーアイテムって?

  • TREND 2019.10.26

    「オールブラックのスニーカー」って持ってる?秋冬コーデを仕上げる4足をチェック

  • TREND 2019.10.16

    「秋パンツの主役」といえばコーディロイでしょ。タイプ別に4本をご紹介します!

  • TREND 2019.10.15

    あの“カートコバーンが着用した”だけにあらず。〈ダニエル・ジョンストン〉のロンTが気になる!

  • TREND 2019.10.07

    白T派にオススメしたい、ストライプ×オーバーサイズのシャツ3枚。

  • TREND 2019.10.02

    「デニムと相性の良い革靴って?」ショップスタッフの答えはコレ!

記事ランキング