他にない絶妙シルエット。ジメジメ季節に役立つ「こなれBIGシャツ」

夏の着こなしに一石を投じる、ハリ感がきれいなBIGシャツ。綿素材だから肌触りもよく、夏場も心地よく身に纏えます。

肌に密着しないシルエットは、ジメジメした梅雨のシーズンにぴったり。前あきなので、さらっと羽織ってライトアウターとしても使えます。

人気アイテムが続々入荷!FACYでアイテム購入はこちらから

FRAMeWORK 自由が丘店


normal_98593943-1

FRAMeWORK-ソフトタイプライター ビッグシャツ ¥17,280(税込)



BIGシルエットが今年らしいロングシャツは、えり抜きのテクを使って、こなれたムードで着こなすのがお似合い。

上品な雰囲気の5分袖が、気になる二の腕ラインをさり気なくカバー。程よいきちんと感があるので、お仕事着としても活躍してくれます。



クリーンなイメージのホワイトシャツは、フレアパンツを組み合わせた着こなしが旬。足もとはフラットサンダルで、とことんリラックス感を満喫して。

ちょっぴりラフなコーディネートも、シャツワンピースならば、適度にきちんと見えますね。さらに上質なバッグやアクセサリーで飾って、大人っぽいクラス感をプラス。



女性らしさをアピールするのなら、まろやかなベージュカラー。白よりもっとこなれた印象を与えるおしゃれなお色です。

他のアイテムはブラックで統一して、シックなバイカラーでまとめるのがおすすめ。



バックスタイルはプリーツを入れてあり、立体的な後ろ姿に。これによって、背中の動かしやすさも格段にアップしています。

ひざ上まで伸びるロング丈に、身体のラインを拾わないルーズシルエット。たっぷりとしたフォルムに包まれて、優雅な気持ちで一日を過ごせそう。



モノトーンにパイソン柄を投入した、シンプルかつちょっぴり都会的なコーディネート。足もとはポインテッドトウのパンプスを合わせて、ハンサムなレディを気取って。

パンツの裾をロールアップした分、シャツの袖はまくらずにそのままで。



FRAMeWORK 自由が丘店
ショップページ




どの色も着回し力抜群だから悩んでしまいそう。誰にでも似合って、テク要らずでクラスアップしてくれるのが、BIGシャツの良いところ。

片胸にポケットを取りつけたことで、さり気ないカジュアルダウンに。かっちり見えすぎず、大人の休日にマッチするアイテムとなっています。

iOS/Android


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • NEWS 2019.09.20

    まず、手に入れるべき秋のチェック柄アイテム

  • TREND 2019.09.17

    秋口のスイッチシーズンに活躍する「ライトアウター」特集

  • TREND 2019.09.16

    黒なら挑戦しやすい!着映える「大人のひとクセブラウス」5選

  • TREND 2019.09.15

    【秋冬トレンド】1枚で旬スタイルが叶う「ジャンプスーツ」5選

  • TREND 2019.09.15

    ルーズでも女っぽい「オーバーサイズシャツ」の今流コーデ術

  • TREND 2019.09.14

    大注目!今、勢いのあるブランド『A VACATION』の新作バッグ

記事ランキング