「ヘビーウェイトは正義」。ガシガシ洗っても、ヘタらないTシャツを集めました


「一枚で着れる厚手のTシャツが欲しい」(ルーブル / 21歳)

夏場にTシャツをガンガン着る身としては、「ヘビーウェイトは正義」と言わざるを得ません。4〜5回着て、ヘタって終わりなんて論外。ガシガシ洗ってもヘタらず、味が出てくるTシャツこそ良いのです。今回はヘビーウェイト派の同志に向け、オススメのTシャツを集めたのでぜひご参考にどうぞ。

1.SoundmanのカーゴポケットTシャツ


normal_98593943-1

Soundman - ヘビーウェイトカーゴポケットTee ¥10,800(税込)


夏に一枚は持っておきたい変わり種。『Soundman』のポケットTは、左胸ではなく“左脇”にカーゴポケットを配したというユニークなアイテム。大きめのサイズのポケットなので、ミニ財布、タバコなどちょっとした小物なら難なく収納可能です。ヘビーウェイトのため、小物を入れても生地がびろ〜んと伸びる心配もなし!




C.COUNTLY - Yuta Kasahara
スタッフページを見る



2.BLUE BLUE×RUSSELL ATHLETICのタックルTシャツ


normal_98593943-1

RUSSELL・BLUE BLUE - タックル Tシャツ ¥7,020(税込)


世界で始めてスウェットシャツの原型を作ったと言われる、アメリカの老舗スポーツメーカー『RUSSELL ATHLETIC』と聖林公司の『BLUE BLUE』のコラボTシャツ。素材はもちろんヘビーウェイトのコットン天竺。「洗濯を繰り返してもなかなかへたってこない一枚です!」とショップスタッフも太鼓判を押す一枚です。







3.blurhms ROOTSTOCKのサーマルT


normal_98593943-1

blurhms ROOTSTOCK - Rough&Smooth Thermal Raglan Tee ¥10,800(税込)


タフなカットソーが欲しいなら、サーマルを選ぶというのも一つの手。『blurhms ROOTSTOCK』のサーマルTは、型崩れがしにくいのはもちろん、吸水速乾性にも優れているのがポイント。汗をかいても、優れた吸水性と拡散性でドライな質感を保ちます。また、サーマルはピタッとフィットするイメージがありますが、こちらは今っぽいゆったり目のフィット。一枚で着てもインナー感は出ないのでご心配なく。







FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!



RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • BLOG 2019.11.16

    時計なんかと合わせてつけたい。〈ジェニファー・カーティス〉のシルバーバングル。

  • TREND 2019.10.17

    鉄板ブランドの名品「ダウンベスト」をピックアップ。冬までマルチに活躍します。

  • TREND 2019.10.15

    9つのポケットでバッグ要らず!〈ENDS and MEANS〉の都会派マウンテンパーカー。

  • TREND 2019.10.05

    「顔が大きくても似合う帽子が欲しい!」→おすすめはニット帽です。

  • BLOG 2019.09.26

    「10年先もずっとかっこいい」。〈クレセントダウンワークス〉の定番ダウンベスト。

  • TREND 2019.09.17

    久々に穿くと、良いです。秋に穿きたい、「大人の黒パン」を集めました

記事ランキング