想いを着る服 服と手紙が融合した「ふくてがみ」が発売開始

EDITOR'S 2015.07.23
Facebook Twitter Hatena
1733189bdebd5c6ad014

「いふく」に包まれることで、大切な「おもい」に包まれるをコンセプトに、服に手紙を書き、そのまま服を折り畳み郵送できるという新しい形のギフト(衣服)「ふくてがみ」。

デザインは、慶應義塾大学大学院に在籍しているFUKU Lab.の横井理子。彼女はただの"物"として消費されていると感じた服を大切な想いを伝えるための手段として活用できるよう「ふくてがみ」を発案したのだという。

a3537b3ecdf0b49aec28


シャツにはポールペンで書き込むことができる便箋柄のスペースを服の内側に配置し、メッセージが外に透けず、洗濯しても文字が消えない生地を使用している。封筒型を形作る部分を首元に施し、折り畳んだ後に宛名と切手を加えるだけで郵便ポストから送ることが可能で、アイテムは白一色の展開でサイズはメンズ、レディースともに展開。ボールペンと切手が付属する。

クラウドファンディングサイトREADY FOR?で資金を集め、この度製品化されることになった。個人、企業、NPO団体問わず、共感を集めることでサービスを支援する同社のサービスで資金調達できたのは、やはり大量消費される“物”に対する世相の反映なのだろう。確かにモノが溢れ返る中で、目新しいモノが出たら買ったり、また目新しいモノが矢継ぎ早に出ることに疲れたりすることが今の消費者かもしれない。自分自身も何が欲しいのかわからない時がある。

そんな心の空白にポンと投げかけてくれるのが「ふくてがみ」だ。自分の親友、家族など受け手は様々だが、誰もが「こんなものがあったのか」と喜べるモノではないだろうか。

今回の文章で、送りたい方の顔が浮かんできた方は、作り手の温度を端々から感じ取ることができる「ふくてがみ」のサイトをぜひご覧いただきたい。オンラインストアではすでに購入可能となっている。

Text.Shunsuke Mizoguchi


STYLERで探す

Text&Edit : ライターS

Facebook Twitter Hatena

RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Dsc 01161 EDITOR'S 2017.05.02

    東日本初?仲町台の洋品店でスコットランド発『KESTIN HARE』のポップアップが開催!

  • Pop up.the words EDITOR'S 2017.04.28

    生きると着るの、類似性と親和性。新進気鋭の注目ブランド【amachi.】が、高円寺The wo...

  • 20170330 01 large 1 EDITOR'S 2017.04.28

    【GWなにします?】セレクトショップのGWイベントまとめ。

  • Samplesale 1 EDITOR'S 2017.03.22

    LIGNESPRING SHOWROOMのサンプルセール&ガレージセール!

  • Gfgs4 EDITOR'S 2017.03.17

    仲町台×ミモザ×ボーダー?ユーフォニカでボーダーTシャツのオーダーイベントが開催!

  • Blog eve EDITOR'S 2017.03.03

    来週の火曜日がアツい。3周年と7周年のアニバーサリーイベントがあるってばよ。

記事ランキング

STYLER iOS

ショップスタッフがあなたにおすすめを教えてくれるアプリ

STYLER iOS