パリで行くべきグルメ専門店!日本未上陸ランチ編

CULTURE 2017.03.04
Facebook Twitter Hatena


パリと言って思い浮かべるグルメはなんでしょう?カリッと香ばしいフランスパン、彩り豊かなマカロン、熱々のガレット…想像しただけでもお腹がすいてくるラインナップ!そんな美食の街パリでは最近ちょっとしたグルメの流行があります。それは一つのメニュー、食材に特化した「専門店」

数年前からエクレアやシュークリーム、カップケーキなど、一つのメニューをフレーバー豊富に楽しめる専門店が続々とオープンしています。今回はおなじみのお菓子からちょっと変わったメニューまで、まだ日本では知られていない「○○専門店」をご紹介!

前回のスイーツ編に続き今回は、小腹を満たすちょこっとランチ編です。どちらも日本未上陸の新食感グルメなのでお見逃しなく!

ぐるぐるパンケーキ?


parislunch7

クレープのような、らせん状のパンケーキのような不思議な食べ物、Chimney Cake(チムニーケーキ)をご存知?Alma Chimney cakeは2014年12月にパリのおしゃれ地区・マレにオープンした小さなお店です。

チムニーケーキとは、ハンガリーやルーマニア・トランシルヴァニア地方に伝わる伝統的な焼き菓子・料理。ハンガリー語では煙突を意味するキュルテーシュカラーという名前で呼ばれるんだとか。最近は韓国や台湾でも専門店ができているらしく、日本でもNEXTヒットグルメになる可能性大...?

parislunch9

気になる見た目は置いておいて、まずはメニュー選びから。どうやら甘いのもしょっぱいのもあるみたい。人気のメニューを聞いたところシンプルなシュガーやブラックオリーブとコンテチーズの組み合わせがよく出るそう。ランチの時間だったので、オススメのしょっぱい系チムニーケーキをオーダー。

parislunch10
注文してから店内奥の小さなキッチンですぐに調理開始。まずは具材を板の上に散らし、その上から生地を乗せてくっつけていきます。オーナーのアレクサンドルさん「今日は髪の毛セットしてないからイケてなくてごめんねー!」とのこと。いいえ、十分素敵です。

parislunch8
くるくると巻いていく秘密の道具がこちら。この鉄棒に細長く伸ばした生地を巻きつけ、オーブンで5、6分ほど焼いていきます。

parislunch12
出来上がりがこちら!周りにまぶしてあるブラックオリーブとコンテチーズはカリッカリで香ばしい香り。中はふわっと溶けてしまう口どけの絶妙コンビ!くるくる巻いてあるのでビヨーンと剥がしながら食べるのがオススメ。ちなみに中は空洞なので以外にペロッと食べられます。

ふわカリの病みつきグルメ、パリに行ったら誰よりも先に体験してみて!

Alma Chimney cake
Address 22 rue Réaumur 75003 Paris
Open 12:00 - 19:00(月曜休み)
Instagram / Twitter / Facebook

病みつきシュー◯◯


parislunch1

パリでここ数年人気のハンバーガー専門店。またもや新店舗がオープン?いいえ、違います。Bullizがオファーするのはシューバーガー!シュー生地で様々な具をサンドした、新感覚のお手軽ランチです。

parislunch3

ショーケースには揚げパン程の大きさのシューバーガーがずらり。季節限定のフレーバーも含めて5、6種類が並びます。サンドイッチのように見えますが、これでも立派なシュー生地。想像していた丸っこくてふわふわの“シュー”とはだいぶ違うようです。

parislunch2
シュー生地専門店というだけあって、店内はとにかくシューだらけ。シュー生地に角砂糖をまぶしたフランスの伝統菓子シューケットはもちろん、シュー生地のタルティーヌなどバラエティ豊かなシューグルメが並んでいます。

parislunch5

オーダーしたのは人気のメニュー「EL MUCHACHOU」フライドオニオンとヘーゼルナッツがまぶしてあるシュー生地に、スペイン産の生ハム、ハモンセラーノをメインにクリームチーズ、トマトピューレ、サラダ菜を挟んだもの。はちみつ入りのドレッシングがさっぱりとしたとアクセントを加えます。

注文してから温め直してくれるので、がぶりと一口進めるとシュー生地らしいサクサク感!なのにまるでハンバーガーのようなボリュームに驚きます。名門シャルキュトリーから仕入れているという生ハムは絶品。まさか生ハムシューがこんなに合うとは!

parislunch6
デザートにいただくのは種類豊富に揃うプチシュー。濃厚クリームがサクサクの生地にパンパンに詰まっていて、小さくても存在感抜群。

parislunch4
店内は優しい木材のインテリアを基調にビビットイエローで元気に明るい空間。店内でゆっくり食べてもいいし、持ち帰って公園でのんびり食べるのもいいですね。近所には前回のスイーツ編で紹介したクッキー屋さん「Jean Hwang Carrant」もあるので、グルメツアーを組んでみてはいかがでしょう?

次回は番外編。さらに食欲を満たすため、パリをちょっと飛び出して遠い街へ!

Bulliz
Address 47 rue cler 75007 Paris
Open 10:00 - 19:00(月曜休み)
HPInstagram / Twitter / Facebook

Text. Azu Satoh

Text&Edit : azu

Facebook Twitter Hatena

RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • 11 CULTURE 2017.09.08

    コッペパン専門店ブームに乗り遅れるな!盛岡の味を楽しむ(食)盛岡製パンが狛江にオープン

  • 3 5 CULTURE 2017.09.04

    ギルトフリースイーツ第二弾はケーキ!FOOD JEWERLYより「オージーケーキ」が誕生

  • E6e5b8f35ccd25d3ffb5990530e638081 e1504080814851 CULTURE 2017.09.01

    かぼちゃやモンブランのパンケーキなど、J.S. PANCAKE CAFE 秋のフェアがスタート

  • Newomantop CULTURE 2017.08.15

    新宿の新名所「NEWoMan」でファッションとグルメを満喫せよ!

  • Htop CULTURE 2017.08.14

    旅行に着ていくワンピースはおしゃれで動きやすくないと!

  • Top CULTURE 2017.08.03

    香港で見たファッション。週末弾丸トリップの話</br>《水曜のケセラセラ》

記事ランキング

STYLER iOS

ショップスタッフがあなたにおすすめを教えてくれるアプリ

STYLER iOS