空飛ぶペンギンが池袋に出現!サンシャイン水族館に世界初の展示エリア「天空のペンギン」がオープン

CULTURE 2017.07.10
Facebook Twitter Hatena
小さい頃、家族で水族館に行くと必ず疑問に思っていたのが「エイの尻尾はなぜ長いのか」と、「ペンギンはなぜ飛ばないのか」ということ。寂しいことに大人になるにつれて、小さな疑問はいつの間にか気にしなくなってしまいます。でも、空飛ぶペンギンが見れると言われたら、その目で確認したくありませんか?



とうとうその夢が叶う時がきました。2017年7月12日(水)、サンシャイン水族館の屋外エリア「マリンガーデン」がリニューアルオープン!まるで空を飛んでいるようなペンギンが見られる世界初の展示エリア「天空のペンギン」など5つの新展示が公開されます。

ペンギンと空とビルと


このリニューアルで一番の目玉となるのが、都会の空を海にしてしまった巨大な屋外水槽。「天空のペンギン」は幅約12mもある開放感のある水槽を飛び交うように泳ぐケープペンギンを見ることができる、世界初のダイナミックな展示です。


都会のど真ん中にそびえ立つビルの屋上にいるとは思えない開放感と清涼感。ペンギンたちの躍動を全身で感じる圧巻のスケールです。


飛んでいる!完全に飛んでいる!


合成じゃないんです。本物です。


びゅんびゅんすごい速さで泳いで、いや、飛んでいくペンギンたち。水槽の透明度がとても高いので向こう側にあるビルが透けて本当に空を舞っているように見えます。あまりに透明なので取材中何回か頭をぶつけてしまいました。


水槽は天井を作るように半ドーム状になっていて、真下からペンギンを見ることもできます。上を見上げると自分の頭上を飛ぶペンギンと太陽と雲が目に入り、ここは空かな?と錯覚してしまうほど。


お子様だけでなく大人も大喜び間違いなし。思いのままに動くペンギンは何時間でも見ていられます。ただし屋外なので熱中症には注意!

草原を歩くペンギン


ぺちぺちと地上を歩く姿に癒され、水中を高速で泳ぐ姿に惚れてしまう。水族館で一、二を争うアイドル「ペンギン」の本当の姿を知っていますか?私たちがよく見かける姿はなんとなく涼しそうなところに住んでいるイメージですが、「ケープペンギン」は南アフリカ〜ナミビア沿岸部に生息しています。


本来10〜25度ほどの環境で生きている種類なので、日本の気候でも環境を整えれば問題なく飼育できるそう。野生のケープペンギンが棲む南アフリカ・ケープタウンには砂浜や草原が広がっており、「草原のペンギン」ではそんな環境を再現して本来のケープペンギンの姿を映し出しています。


草で遊んだり霧で涼んだり、滝や池で仲良く遊ぶ姿を見ることができるのは日本でここだけ。こんなにも活発に動くペンギンたちは今まで見たことがなかったのでなかなか衝撃でした。


ぐわぐわ井戸端会議もしています。ケンカかもしれない。


「盗み聞きはヤメテ!」


サンシャイン水族館のペンギンたちはとにかく表情がイキイキしています。暑くて大丈夫かなと心配になりますが、暑いほど水浴びをしたり霧を浴びたり、活発に動くのだそう。写真におさめるのもいいけど、海外みたいにスケッチしたくなるほどの近い距離感でペンギンたちを眺めることができます。

ペンギンの餌やりタイム


水族館でお楽しみといえば動物たちによるショーや飼育員さんたちによるフィーディングタイム!「草原のペンギン」エリアでも1日数回行われます。


かわいいお姉さんによるケープペンギンの解説から。実はケープペンギンは絶滅の危機にあり、数十年以内には地球上からいなくなってしまう可能性がある種なのです。サンシャイン水族館では生まれた雛を大切に育成しています。


子ペンギンはまだ白黒の模様がはっきりしていないのが特徴。左手に輪っかをつけた子はなんらかの理由で親ペンギンではなくサンシャイン水族館のスタッフに育てられたペンギンです。


解説中もまだかまだかとソワソワするペンギンたち。


どうやらくれるらしいと感づき始めたペンギンたち。飼育されていて餌の心配がないとはいえ餌やりタイムは必死です。



 

ペリカンの餌やりタイム


マリンガーデンには全長約30mの天空通路「天空パス」が通っています。その水路を自由に歩いているのが4羽のモモイロペリカンたち。左右の羽を広げると3mほどもある大きさです。


ペリカンとビルのコラボなんて今までにあったでしょうか?もはや芸術的な景色ですね。


真下から見るとはっきりと水かきが観察できます。たぷたぷのお腹に触れたら気持ち良さそうですね。水はじきを良くするための脂が出ているので表面はツルツルしているとのこと。


ペリカンの餌やりタイムも1日数回あります。飼育員さんに連れられ水路を渡ってきて、「天空のペンギン」エリアまでやってきました。ペンギンたちは何も気にせず自由気ままに泳いでいます。


飼育員さんが投げた魚めがけて猛スピードでダイブする姿は、先ほどまでのんびり遊泳していた姿からは想像できない機敏さ。


一度に10リットル以上の水を含むことができるという嘴で魚を丸呑み。ペンギンは動じません。

カワウソもいるよ


ペンギン、ペリカンの他に大人気のカワウソも登場。東南アジアの河川を中心に生息するコツメカワウソは群れで行動するため、ここにも3匹のカワウソが住んでいます。


緑に覆われた陸地と急流をイメージした水辺を行ったりきたりしながら仲間とじゃれ合う姿に悶絶。ところどころカメラ目線をくれるところも、スターアニマルの素質を伺わせます。


水辺も大好きカワウソ君。上からちょっかいを出されることも知らずのんびり水浴び中。


ガーデン中央にはアマゾン川の魚、アロワナもいます。くるくるひたすら水槽を回る姿もなかなか癒し効果があるので、この子の魅力にハマる人はハマります。


お家で空飛ぶペンギン


かわいい動物を持ち帰ることはできませんが、グッズならOK!空飛ぶペンギンが忘れなれない... 飼育員のお姉さんが抱えていたペンギンが可愛すぎて私も抱えたい... という方にはこちらのBIGぬいぐるみがお勧め。成人女性(165センチ)が両手でぎゅっとしないと支えられないほどの大きさ!



思わずぶーんと空に飛ばしたくなりますね。飼育員のお姉さんに抱っこされた子ペンギンと比較するとだいぶ大きいです。



特大ケープペンギンぬいぐるみは税込15,066円。飼育員監修のもとケープペンギンの模様や嘴など細部まで再現した本格ぬいぐるみは、ここだけでしか手に入らないレアアイテムです。



さすがに大きすぎるわと思った方、もちろん片手でスイスイ持てる通常サイズ税込2,041円もあるのでご安心を。他にもオリジナルサクマドロップカワウソおかきなど、オリジナルグッズがたくさんあるので来館の思い出にどうぞ!

限定メニューで腹ごしらえ


動物たちに癒してもらったら、お腹もついでに満たしましょう。リニューアルを記念して7月12日〜8月31日の期間、マリンガーデン内の「カナロア カフェ」にて限定メニューが登場します。ミントとライチでさっぱり涼やかな大人のカクテル「天空のペンギンカクテル」(¥540)やトマトの甘みと酸味が程よくお子様でも食べやすい「カワウソハヤシライス」(¥800)、灼熱の太陽に晒されても体内から美味しく冷やしてくれる「トロピカルフローズン」(¥500)など、天空の楽園を満喫できるメニューが盛りだくさん!



さらに、9月3日(日)までは17時~21時の間マリンガーデンが「天空酒場」に変身!ペンギンやカワウソ、大きなアシカを眺めながら生ビールやカクテルを楽しむことができます。18時以降は幻想的にライトアップされたナイトアクアリウムも楽しむことができるので、夏の仕事終わりはココでの一息に決まり。入場券に300円プラスするだけでアルコールドリンクが付いてくるお得な入場券(¥2,500)も期間中販売されます。


先着でプレゼントも


お得な情報はまだまだ続きます。オープン当日から14日(金)までの3日間、先着500名にケープペンギン型オリジナルクールジェル(保冷剤)をプレゼント。なくなり次第終了なので、ペンギングッズファンは急いで!



 

暑い夏には涼しい癒しを。自由気ままに生きる動物たちを眺めながら、日々の疲れを空に飛ばしてみてはいかがでしょうか。都会の天空に現れた楽園は、誰もが羽を伸ばせる真夏の避暑地でした。

 

サンシャイン水族館

住所:〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-1-1
サンシャインシティ ワールドインポートマートビル 屋上

夏季特別営業時間:
7月12日~9月3日
平日 10:00~21:00
土日祝 9:00~21:00
8月11日~8月16日 8:30~21:00
9月4日~9月27日 10:00~21:00
※最終入場は終了1時間前

料金:
大人(高校生以上) 2,200円
こども(小・中学生) 1,200円
幼児(4才以上) 700円
(2017年7月12日から改訂)

HP / Twitter / Facebook


text. Azu Satoh

Text&Edit : azu

Facebook Twitter Hatena

RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Img 3461 e1499839398509 CULTURE 2017.07.18

    セルフクレンズしにいってみる?飛騨高山に「泊まれるお寺」がプレオープン。

  • Dsc0232 CULTURE 2017.07.10

    昼は水、夜は光。横浜・八景島シーパラダイス「楽園のアクアリウム」で楽しむびしょ濡れアトラクショ...

  • Dsc1731 CULTURE 2017.07.09

    塩の島でイルカと泳ごう!伯方島「ドルフィンファームしまなみ」でドルフィンスイム体験

  • Dsc 0750 CULTURE 2017.07.04

    ハワイ・ノースショア発Ray's ORIGINAL BROILED Chickenが夏季限定で...

  • Dsc 0959 CULTURE 2017.06.29

    今年の浴衣はもう決めた?きもの館 創美苑の2017年新作をチェック!

  • Marine25 e1498465650781 CULTURE 2017.06.27

    横浜で納涼浴衣クルーズ!マリーンルージュでフレンチコース女子会のススメ

記事ランキング

STYLER iOS

ショップスタッフがあなたにおすすめを教えてくれるアプリ

STYLER iOS