柏 C.POINTが対面で伝える“HistoryとStoryのある上質なもの”

INTERVIEW 2017.10.11
Facebook Twitter Hatena
DSC_0309

柏、C.POINT


柏駅から徒歩5分ほどの裏路地にある、カントリー風な親しみやすい雰囲気のC.POINT。

今回はオーナーの知久さんに、出店の流れから、”良い物とは何か?”という考え方までを伺った。

元々の客層とはギャップが出始めた


DSC_0247

ー 本日はよろしくお願い致します。まずはセレクトショップをオープンさせた経緯を教えてください。

元々は平成2年からSCの中でデニム屋さんを始めたのが最初です。デニム屋さんだったら入れるとのことだったのでオープンさせたんですが、途中からインポート物のウェアをやりたいと思い始めてきて。それで商品を増やしていったら元々の客層とはギャップが出てきたんです。

そこで、SCでやるのには向いていないんじゃないか?っていうことで9年ぐらいSCにいた後、路面でやろうということになりました。

ー その前もアパレルを?

元々は家業がセレクトをやっていたり洋服を扱っていたので洋服とは馴染み深かったんです。このお店をオープンする前は3年間大手アパレルでメンズ服の営業を担当していました。

ー 場所はどうして柏を選んだのですか?

若者が集まるのはここら辺だったら柏しかないよね、ということで柏に決めたんですが、表通りだと、うちに来てくれるようなお客様はいないんじゃないかということで路地裏にしようと決めました。あとは車椅子が通れるくらいのスペースは必要ってことかな。

“Historyとstoryのある上質なもの”


DSC_0322

DSC_0368

DSC_0382

ー セレクトするにあたってのコンセプトは?

“Historyとstoryのある上質なもの”です。インポート物は歴史ある定番のブランドを中心に、ハイブランドではないけど長く使える良い物を集めています。基本的にはブルージーンズに合う、長く使える上質な物は何だろう?と考えて集めた結果が今のこのお店です。お客様のワードローブの中で、本当にダメになるまで着たいと思ってもらえる物って何だろう?って。

アメカジっぽいものもあれば、ちょっと価格が高めのイギリス靴なんかも一時期は置いていましたね。トレンドを重視している方にはちょっと物足りないかもしれませんが、長くいろんな服を着ていく中で「結局最後に残っていたのはこれだったなぁ」と思ってもらえるような物が中心です。

ー 本当に吟味された良質なものが置いているということがとても伝わってきました。

そのシーズンの気分で置きたいなと思って置いている物もあるのですが、基本的にはこの考えを軸にしてやっています。

トレンド重視ではなくていい物を、と思ってやっていると、周回遅れのものも結構多くあるんですよ。でも、その時は見向きもされない商品だったのがしばらく経つと一番表に出ているような商品になっていたりするんです。振り子のようなより戻しで。

ずっとそんな感じでやっているので、10年前に来てくださっていたお客様から「お店が全然変わってないね」って言われたのが嬉しかったです。

DSC_0337

ー 変わらないスタンスでやってらっしゃるのですね。リピーター様がとても多そうです。

多いのかなあ。でも、この人が来たらこれを見せておこう、とかそんなことを考えたりしています。

ー リピーター様の方達はシーズンの変わり目にいらっしゃるんですか?

定期的に覗いてくれます。数ヶ月前からお店のインスタも始めたので、その中でエピソードを含めてアップしたものを目当てに来ていただける方も少しずつ増えてきました。若い方のご来店も少しずつ増えてきています。

お客さんとは対面で


DSC_0295

ー 商品を拝見しても良いですか?

もちろんです。ここのダウンジャケットはすごいんですよ。Zanterという日本製のダウンウェアのブランドで、ダウンの質が800フィルパワーで最高級の商品になってます。

ー フィルパワーという単位を初めて聞いたのですが…。

800フィルパワーというのは、1オンスの羽毛が800立方インチの体積に膨らんでいることを表しているのですが、数値が大きいほど暖かくて良質なものになるんですよ。暖かさって、動かない空気をどれだけ抱えるかなんですけど、数値が大きいほどその空気が含まれていることになるので保温性に優れていると言えるんですね。

DSC_0304

ー 通常はどれくらいの数値なんですか?

そうですね、標準が600フィルパワーくらいです…って、いつもこんな感じで接客してます(笑)。あくまでも「買わされたなあ」っていう思いは持ってほしくないので。商品の良いところをご紹介して、あとはお客様次第かな・・・。ちょっと着てみたいな、という気持ちになってくれたらいいなと思って接客してます。

ー ここのお店で目指している事やまた違う事でも、何か今後やっていきたいことはありますか?

他の事は今のところイメージが湧かないですね。本当にお店に来てくれるお客様を大事にして、増やしていきたいと思ってます。今のまま基本的には直接接客していきたいなと。web上でも同じスタンスで繋がりをちゃんと大切にしながら販売をしていきたいですね。

ー 本日はありがとうございました。




知る人ぞ知る、昔からあるブランドが好きなこだわりのある方も、今まで色々着てきたけど、そろそろ長く使える物が欲しくなってきたという方にもとてもオススメのショップ。

商品知識を深く把握していらっしゃるオーナーの知久さんと、ぜひ”上質な物”について談義してみてはいかがだろうか。




DSC_0388

C.POINT

PLACE:千葉県柏市 中央町6-2 カシワ三都ヴィラ 1F
TEL:04-7160-4171
OPEN:12:00~20:00
WEB:https://www.rakuten.ne.jp/gold/cpoint/



Text&Edit : FACY編集部

Facebook Twitter Hatena

RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Dsc 04342 INTERVIEW 2017.10.20

    「自分に似合う服ってなに?」居酒屋で聞いた、おじさんたちのファッション論〜後編〜

  • Dsc 0345 INTERVIEW 2017.10.18

    「自分に似合う服ってなに?」居酒屋で聞いた、おじさんたちのファッション論〜中編〜

  • Dsc 0398 INTERVIEW 2017.10.16

    「自分に似合う服ってなに?」居酒屋で聞いた、おじさんたちのファッション論〜前編〜

  • Dsc 0488 INTERVIEW 2017.10.03

    “誰が何を着てもいい” 吉祥寺toulouseに聞く、自由なファッションの楽しみ方とは?

  • Dsc 0170fadsfadfadfdf1 INTERVIEW 2017.09.29

    オトナの服選び。〜高円寺Lampa 遠山さんが選んだ過去と現在〜

  • 4ad625addd3f29d85270c6453efd5528 1024x679 INTERVIEW 2017.09.26

    奈良の便所サンダルを世界の良品に。『bench』の“BENSAN”がすこぶる良い感じです。

記事ランキング

STYLER iOS

ショップスタッフがあなたにおすすめを教えてくれるアプリ

STYLER iOS